このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第210回

年次株主総会でクックCEO明かす:

アップルMacBook Air2018年モデル値下げの考え

2019年03月05日 08時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは3月1日にカリフォルニア州クパチーノにある本社で開催した年次株主総会にて、2018年に発売したRetina MacBook Airを値下げする意向を示した。米メディアBloombergが3月2日に報じた。

 年次株主総会にてティムクックCEOは、現在1200ドル(日本での価格は13万4800円)から販売されているRetina MacBook Airの価格を下げることを目標にしていると述べたという。

 前モデルの価格999ドル(同9万8800円)に近づけば近づくほど、MacBook ProよりもMacBook Airを選ぶユーザーが増えるものと思われる。

 このほか年次株主総会ではApple WatchとAirPodsについて「長くて素晴らしいロードマップ」があること、スマートウォッチにより多くのヘルスケア機能がやってくることも明かされた。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中