このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

プリンストンのデジギア道 第81回

ドッキングステーション「PUD-CDOCM」でHDMI、VGA、LAN、Type-Aを使う!

USB Type-C搭載PCやiPad Proの「端子足りない問題」を解決する

2019年03月01日 11時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MacBookに接続してみた

 MacBookに接続してみた。ドッキングステーションとうたいながら、非常にコンパクトなサイズ感だ。どちらかというと、USBハブやカードリーダーを接続している感じに近い。

MacBookへの接続イメージ

 取り外した際は、ケーブルを本体に収納でき、持ち歩きにも配慮した製品であることがわかる。

ケーブルが本体に収納できるため、持ち歩きもしやすい

 単にUSB Type-CをUSB Type-Aに変換したり、USB Type-Cを有線LANに変換したりするアダプターも多数市販されているが、用途に応じてつなぎ替えるよりも、一挙に4種類の端子が使用できるようになるのは心強い。

鍵付きのLANケーブルも問題なく接続できるから、会社の備品にも向いている

 普段映像出力端子や有線LANを使用しないとしても、これさえつないでおけば、あらゆるシーンに柔軟に対応できる製品だ。

USB Type-C搭載PCと合わせ買いしたい

手のひらサイズで、82gと非常に軽い

 特におすすめなのは、やはりUSB Type-Cしか搭載しないPCをメインで使っていて、プロジェクターやディスプレーを使ったプレゼンの機会があるユーザーだ。

 これまで持っていたPCで使えていた端子を、買い替えによって使えなくなったり、USB Type-Cを採用したPCに買い換えたいが、端子の問題で悩んでいたりするなら、この製品の合わせ買いで解決できる。

 「使うかどうかわからないけど、念の為に持っておく」といった保険的な意味合いでもおすすめできる。つなぐだけで、手軽に4種類の端子が拡張できるのは合理的だ。

 USB Type-AとUSB Type-Cが混在し、あるオフィスでは無線でのプレゼンができるが、あるオフィスではVGA端子に接続する必要があるといった状況は、これからもしばらく続くだろう。そんな過渡期を乗り切るアイテムとして、ぜひ手元においてみてはいかがだろう?

 なお本機は、USB Type-C(DisplayPort Alt Mode)に対応したWindowsおよびmacOSでの動作に対応している。OSはWindows 10(32bit、64bit)、macOSなら10.11以降に対応する。また、メーカーでは2018年のiPad Proでの動作も確認済みという。これ以外の使用要件は特に設けられておらず、幅広いユーザーが使える点も魅力のひとつだ。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン