このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第91回

Acrobat Readerで、PDFにフォントを埋め込むには

Windows 10搭載のモリサワフォントを古いOSに表示させる方法

2019年02月20日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第91回は、最新Windows 10に搭載されたモリサワフォントを古いOSでも表示させてみる。

 プレゼンや講演をする際、現場のPCが古いとPowerPointなどが利用できないことがある。そんなときこそ、Acrobat Reader&PDFファイルの出番。どんな環境でもコンテンツを表示できるので、プレゼンや講演の資料を再生できる。ただし、古い環境で快適に表示させるために、PDFファイルを軽量化すると、想定通りに表示されないことがあるので注意が必要。今回は、最新Windows 10に搭載されているモリサワフォントを古いOSでも表示させる方法を紹介しよう。

PDFファイルの作成時にフォントを埋め込むのを忘れずに

 Windows 10 October Updateでは、モリサワのBIZ UDフォントが搭載された。ビジネス資料にぴったりの読みやすいフォントで、標準で利用できるようになったのは大歓迎したい。早速、BIZ UDフォントを使って作成したプレゼン資料は、そのまま表示したいところ。古いPCでプレゼンするために、PDFファイルで保存し、自分のPCでリハーサルも行い、準備万端。しかし、現場で再生したら、汚いフォントで表示されてしまったということがある。

ビジネス資料に適したBIZ UDフォント

 これは、Acrobat DCでPDFにフォントを埋め込んでいない場合に起きる現象だ。表示する環境にPDFで使われているフォントがない場合、自動的に代替フォントに置き換えられて表示される。それもない場合は、文字化けしてしまうのだ。どんな環境でも、指定のフォントで表示したい場合は、PDFファイルにフォントを埋め込んでおく必要がある。

 PDFを軽くするために、「Acrobat」タブの「環境設定」→「PDF設定」で「最小ファイルサイズ」を選択してみる。すると、ファイルサイズは2.25MBから202KBへと激減。確かに、PCの負担は軽くなる。作成したPCで開いても、問題なくBIZ UDフォントで表示される。

PowerPointの「Acrobat」タブから「環境設定」をクリックする
「PDF設定」で「最小ファイルサイズ」を選択する
標準設定と比べて、大幅にファイルサイズをコンパクトにできた
作成環境で開いたところ。きちんとBIZ UDフォントで表示されている

 このファイルを、たとえばWindows 7といった古いPCで開くと、明らかに昔のMSゴシックになっているのがわかるだろう。これは、BIZ UDフォントがないため、自動的に代替フォントで表示されているため。

 指定されたフォントと実際に表示しているフォントは、文書のプロパティを開き、「フォント」タブで確認できる。作成環境では「BIZ-UDGothic/BIZUDゴシック」になっているが、古い環境では「BIZ-UDGothic/MSPゴシック」になっているのだ。

左がWindows 10、右がWindows 7の画面。古いOSではMSPゴシックで表示されているのがわかる

 フォントをPDFに埋め込むなら、「PDF設定」で「最小ファイルサイズ」以外を選べばいい。どうしても「最小ファイルサイズ」設定を使う場合は、選択後に「詳細設定」を開き、「すべてのフォントを埋め込む」にチェックすればいい。この状態でPDFファイルにすれば、ファイルサイズをコンパクトにしつつ、フォントを埋め込めるようになる。

「PDF Maker」の設定画面から「詳細設定」を開き、「フォント」の「すべてのフォントを埋め込む」にチェックする

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】