このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第141回

100億円キャンペーン第2弾が登場:

赤字のPayPayが「祭り」を続けるワケ

2019年02月12日 16時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年末に100億円をばらまいたPayPayが、第2弾となるキャンペーンを発表しました。2月12日よりふたたび100億円の還元が始まります。世間を騒がせたPayPay祭りが、もう一度起きるのでしょうか。

■ヤフー史上最速で400万人を達成

 2月4日にPayPayは発表会を開き、第2弾の100億円キャンペーンを発表しました。ここで公開されたのが、サービス開始からの4ヵ月で累計登録者数が400万人を突破したというデータです。

 PayPayはヤフーとソフトバンクの合弁会社。この速さはヤフーの数あるサービスの中でも最速とのことで、PayPayは登録者数の伸びをグラフで公開しました。同業他社が詳細に分析してくることが予想される中、相当の自信があるようです。

PayPayの累計登録者数(ソフトバンクの決算会見で公開された資料より)

 PayPayの登録者が最も伸びたのが、12月4日から13日まで世間を賑わせた100億円キャンペーンです。この10日間、毎日20〜30万人のユーザーが増え、250万人程度が増加。グラフはマンガのような急角度を描いています。

現実がフィクションを超えたかのようなグラフが出現

 キャンペーン前後の様子にも注目です。10月5日に始まったPayPayは、1ヵ月以上かけて約10万人を獲得するものの、しばらくは鳴かず飛ばずだったことが分かります。

 変化が起きるのは11月22日。この日、PayPayは100億円キャンペーンを発表し、実際のキャンペーンが始まる12月4日まで、PayPayを知った人たちが続々と登録を始めています。この期間には5000円のチャージで1000円相当がもらえる特典もありました。

急上昇の前後にも地味な増加ポイントがある

 12月13日の100億円キャンペーン終了後、勢いは弱まるものの、登録者はキャンペーン前と同程度のペースで伸び、1月末までに約100万人が登録。累計で400万人に達したことがうかがえます。

 100億円キャンペーンで、PayPayの認知度も大きく上昇しました。PayPayというサービス名には「ソフトバンク」や「ヤフー」などなじみのある言葉が入っていないにも関わらず、LINEや楽天とみられるライバルを上回ったのは驚異的です。

PayPayの自社調査では認知度で他社をごぼう抜きに

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン