このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第494回

業界に多大な影響を与えた現存メーカー POWERとAIXで第3の市場を開拓したIBM

2019年01月21日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ROMPは華々しい(?)失敗を遂げたわけだが、それで諦めないのもIBM流であろうか? 当時のIBMの中の人々の考え方は、UNIXは限定的な普及に留まるだろうというものだったが、そのIBMでもヨークタウン(Thomas J. Watson Research Centerの所在地がNYのYorktownにあったことにちなむ)の中の人々にとっては必ずしもそうではなかったらしい。

 とりあえず完成したRT PC Workstationと、AIX(AIX Version 1)であるが、これが完成する前からわざわざニューヨークからオースティンまで移動し、新しくIBUとして形成されたAdvanced Engineering System(AES)に、少なからぬメンバーがヨークタウンから参加したらしい。

PowerPCのご先祖様にあたるPOWER 1

 1987年のIBM System JournalにAIX Version 2の概要が掲載されているが、この記事の著者であるL.K.Loucks氏とC.H.Sauer氏は、いずれもヨークタウンからの転籍組である(厳密にはSauer氏はYorktown→Communication Products Division Laboratory経由であるが)。

 こうした、IBMの中でもUNIXに理解のある、そしてIBMの中央研究所の扱いであるThomas J. Watson Research Centerに勤務するほどスキルの高いメンバーが、ワークステーション作りという新しいIBUに集結することで、第3の製品が生まれることになる。

UNIXベースのオペレーティングシステム
AIX

 まずAIXについて話をすれば、RT PC Workstation向けに当初投入されたVersion 1に続き、翌年にはコネクティビリティーの充実や独自のディストリビューションサービス、さらにはX Window(X10 R3/R4)まで実装したAIX 2が翌1987年にリリースされる。

 ただ、IBUはこれで終わらせるつもりはなかった。1987年といえばSun MicrosystemsがSPARCベースのSun-4を出荷した年でもあり、またSGIがMIPS R2000ベースのIRIS 4D/60を出荷開始した年でもある。こうした動向は当然AESのメンバーも理解しており、競合製品に負けないより高速なプロセッサーと、この性能を引き出せるAIXを作る気が満々であった。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン