このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Windows Info 第148回

Windows 10でようやくまともになったBluetoothのサポート

2018年11月25日 10時00分更新

文● 塩田紳二 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windowsn 10 RS4でようやく最新バージョンに追いつき
プロファイルも広くサポート

 Windows 10 RS4では、対応するBluetoothプロファイルのバージョンアップなども可能になっている。改訂が何年もなされないプロファイルもあれば、製品開発が積極的に進み、最近になっても改訂されるプロファイルもある。

 また、Bluetooth 4.0以降は、基本的にGATTの上で、各種のプロトコルや機能を実現するため、OSはアプリケーションがGATTによる通信が可能なようにサポートするだけで、あとは、アプリケーション自身がさまざまな機器に対応できる。

 もちろんデバイスの種類ごとにアプリケーションを個々に開発する必要はあるが、Bluetooth BR/EDRのようにデバイスドライバーなどとしてプロファイルを実装する必要がない。

 Windows 10 RS4が対応しているプロファイルなどは以下の表のようになる。ざっと見ると、BR/EDRを使う用途では、ほぼ主要なプロファイルをサポートしている。Bluetoot 4.0以降のGATT系のサポートもほぼ問題ない。なお、マイクロソフトが公開しているのは、Bluetooth SIGで公式に仕様化されたもののみで、実際のWindowsにはマイクロソフト独自実装のサービスなども含まれている。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン