このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第17回

あるいは高級ブランド戦略をどう「納得」すべきか:

アップルにとってiPhone XRが大事な理由

2018年10月23日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●安心してiPhone XRを選べる

 iPhone XRについては、ディスプレーが有機ELパネルでないだけでなく、iPhone 8 Plusよりも大きな画面ながら解像度が低くおさえられています。またiPhone XSでサポートしている4×4MIMOによるギガビットクラスのLTEもサポートされません。カメラもデュアルではありません。Apple Watch以上に、上位モデルとの間に機能面での差は目立ちます。

 ただそれ以外は、心臓部のA12 Bionicプロセッサや、大型化・高速化した新しいカメラ、TrueDepthカメラによるFace IDなど、2018年モデルのiPhone体験を実現できるポテンシャルを持っています。

 アップルにとっては、iPhone XRが販売の軸になっても、最新のiPhone体験を長く届けられる上、ユーザーにとってもiPhone XSより身近な価格で安心して利用できる、そんなバランスを実現しているのです。だからこそ、iPhone XSは999ドルからという値付けを変えず、上品なゴールドカラーまで用意して、ブランド作りに専念している。そんな印象を受け取ることができます。


筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。米国カリフォルニア州バークレーに拠点を移し、モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン