このページの本文へ

東京ゲームショウ2018レポート第15回

出展社数は過去最大、様々なe-Sportsタイトルの大会も開催

注目タイトルの試遊台やステージイベント多数! TGS2018はe-Sportsにも注目!

2018年09月20日 13時40分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
9月20日から23日まで「東京ゲームショウ2018」が開催

 9月20日に「東京ゲームショウ2018」が幕張メッセで開幕した。20日、21日がビジネスデー、22日、23日が一般公開日となる。

 今年も各ゲームメーカーがブースを出展し、注目タイトルの試遊台やステージイベントなど用意している。出展社数は668社と過去最大。出展タイトル数も1568タイトルにのぼる。もちろん物販ブースもあり、様々なグッズが購入できる。

 また、今年はe-Sportsにも力が入っている。「e-Sports X Blue」「e-Sports X Redという2つのステージで、「フォートナイト」などの大会を開催。「PLAYERUNKNOWN`S BATTLEGROUNDS」専用のステージもあり、連日様々な大会やイベントを実施予定だ。

 「レインボーシックス シージ」も9月22日にSamsung SSDブースで「レインボーシックス シージ ジャパンリーグ powered by Samsung SSD(PS4) オフラインファイナル」を開催するほか、Twitchやレノボ、日本HPなどのブースでプロゲーマーが登場するステージイベントやエキシビジョンマッチなども実施する。

 今年もASCII.jpでは「東京ゲームショウ2018レポート」特集として、続々と新情報などをお届けする。ゲームはもちろんのこと、パソコンやスマホの製品情報、多くの人が気になるVRコンテンツ、コンパニオンさんやコスプレイヤーさんのグラビア記事などを公開する予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ