このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第11回

9月12日開催のスペシャルイベントを予想:

アップルiPhone 5cリベンジか

2018年09月04日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

そんなにたくさんの新製品が出ないかも、と思いはじめた理由

 そして最後に、昨年のSteve Jobs Theaterで開催したイベントを取材した際のビデオを用意しました。まずは、Apple Park Visitor Centerからレセプションを通過して、シアターまでの道のりのビデオ。


 続いて、ロビーからシアターへ下って、最後列を確保したときのビデオです。


 このビデオの4分以降の部分を見ると、シアターのフロアの広報に巨大な壁で仕切られたスペースがあります。イベント終了後に、この壁が解放され、タッチアンドトライコーナーが現れる仕組みになっています。

 展示台が3つあり、iPhone 3モデル、Apple Watchに触れられるようになっていますが、取材をしていて、適度なスペースとデモ機の台数だった、という印象でした。逆に、これ以上製品が増えると、取材体験としてはかなり低下してしまうのではないか、と思いました。

 まだ見ぬ新たなギミックが隠れているのか、あるいはiPhoneとApple Watchを中心としたイベントにとどめるのか、2週間後のお楽しみということになります。


筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。米国カリフォルニア州バークレーに拠点を移し、モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン