このページの本文へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第11回

9月12日開催のスペシャルイベントを予想:

アップルiPhone 5cリベンジか

2018年09月04日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Gather roundとは

 続いて、コピーです。昨年は「Let's Meet at Our Place」というコピーが招待状に添えられていました。Appleの新しい本社であるApple Parkでの初めての開催となった2017年9月のスペシャルイベントにふさわしいタイトルと言えます。

 今回のコピーは「Gather round」。

 一般的には周りに集まる、寄せ集める、といった意味合いで使われます。前回のように、世界中のプレスをApple Parkに集める、というまっすぐな解釈をすることができます。そうでなければ、どんな示唆を読み取ることができるでしょうか。

 たとえば、キャンプファイヤーの周りを取り囲むときにもこのフレーズを使ったりしますが、真っ先に浮かんだのは、「Yum.」のキャッチコピーで知られるカラフルなiMacの広告でした。

 検索すると、eBayで販売されている1999年のiMacの広告を発見することができました。こんなアートワークや展示で、新型iPhoneが紹介されると、なんとなく「Gather round」が伏線になるのかもしれない、というわけです。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン