このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第48回

夏の暑さも要因か?:

車内でiPhone 6が爆発! 原因は非公式バッテリー

2018年08月14日 17時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 車のダッシュボード上にあったiPhone 6が爆発する瞬間をとらえた動画を、YouTubeチャンネル「EEC media」が8月10日に公開した。

 EEC mediaの説明によると、動画は中国の高速道路上で8月1日に撮影されたもの。映像からは開始4秒あたりにiPhone 6が爆発し、20秒あたりからメラメラと炎を上げ始めていく様子を確認できる。

 持ち主によると問題のiPhone 6は今年2月に上海の非正規修理ストアで非公式バッテリーに交換しており、爆発の原因も非公式バッテリーだったという。

 ただ、映像を見るかぎりではカーナビの裏側という日光が直接あたる場所にiPhoneを置いていたようであり、暑さによる加熱も爆発の要因だったように見受けられる。

 いずれにせよ、ダッシュボード上にiPhoneを置くのはやめた方がよいだろう。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中