このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第115回

基本料金もかからず海外旅行には常備したい:

H.I.S.格安SIM「変なSIM」言うほど変じゃない

2018年07月27日 09時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■海外旅行に常備するSIMとして最適

 変なSIMだけでなく、海外でのデータ通信は多様化しています。料金と容量のバランスという点で、変なSIMの「1日500円で200MB」(200MB以降は低速通信)は、良心的な価格設定といえるでしょう。

 ただし、SIM自体を切り替える、または入れ替えるため、日本からの電話を直接受けられなくなります。この点では、大手キャリアの海外ローミングや、グローカルネットなどが販売するクラウド型のルーターが有利な面もあるでしょう。

10GBの大容量プランも加わった、グローカルネットのクラウド型ルーター。

 また、バンコクでは至るところで安価な現地SIMを入手できます。筆者はAISの店舗で、下り4Mbpsで7日間使い放題の音声通話つきSIMを270バーツ(約900円)で購入できました。

バンコクは現地SIMも安く、AISの店舗は英語も通じた。パスポートは必要。

 一方、変なSIMは毎月の維持費がかからないのがメリットです。「3年間未使用だと無効化される場合がある」という注意書きはあるものの、サブの通信手段として常備したり、現地SIMを買うまでのつなぎにしたりするのに便利といえます。

 今後は、より大容量のプランや1週間プラン、周遊プランなどが拡充されることに期待です。


■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン