このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

myrmecoleonの「グラフで見るニコニコ動画 第2期」 第24回

pixivとニコ動で2018年4月期春アニメを振り返る

春アニメ二次創作状況まとめ ヒロアカ・ウマ娘・ゴールデンカムイが強い!

2018年07月12日 18時00分更新

文● myrmecoleon 編集●村山剛史/アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4月アニメ投稿人気の推移

 今回も各作品の投稿数順位からこの3ヵ月の変化を見てみます。

 ニコ動では「ウマ娘 プリティーダービー」が第2・3週以外はトップを独走。また「僕のヒーローアカデミア」が継続して上位にいますが、第3週以降「ゴールデンカムイ」が上昇。前半で人気の高かった「STEINS;GATE 0 -シュタインズ・ゲート ゼロ-」、後半の「キラッとプリ☆チャン」などを交えながら2位以下はよく入れ替わっています。

 pixivでは「僕のヒーローアカデミア」が放送前からの人気でトップ。序盤から上位の「ゲゲゲの鬼太郎」「PERSONA5 the Animation」に加え、やはり「ゴールデンカムイ」「ウマ娘 プリティーダービー」が伸び、5月以降は「ゴールデンカムイ」が最後まで2位に定着しました。

4月アニメ作品別のニコ動における動画投稿数の7日ごと順位の推移。pixivの傾向より男性人気の高い作品は青、女性人気の高い作品は赤、中間的な作品は黄色に塗った

4月アニメ作品別のpixivにおけるイラスト投稿数の7日ごと順位の推移。pixivの傾向より男性人気の高い作品は青、女性人気の高い作品は赤、中間的な作品は黄色に塗った

 pixivで男性投稿者が多かったタイトルは「僕のヒーローアカデミア」「ゲゲゲの鬼太郎」「ウマ娘 プリティーダービー」「ソードアート・オンライン オルタナティブ -ガンゲイル・オンライン-」「PERSONA5 the Animation」「ガンダムビルドダイバーズ」など。特にウマ娘、ガンゲイル・オンライン、ビルドダイバーズは男性比率高め。

 女性投稿者が多いタイトルは「僕のヒーローアカデミア」「ゴールデンカムイ」「PERSONA5 the Animation」「東京喰種 トーキョーグール:re」「鬼灯の冷徹 第弐期 その弐」「イナズマイレブン アレスの天秤」など。「鬼灯の冷徹 第弐期 その弐」「イナズマイレブン アレスの天秤」は投稿者の約9割が女性です。

 「PERSONA5 the Animation」「東京喰種 トーキョーグール:re」は男女共に人気がありました。

最も描かれたキャラは猫娘!

 「僕のヒーローアカデミア」「ゲゲゲの鬼太郎」「ゴールデンカムイ」「ガンダムビルドダイバーズ」「PERSONA5 the Animation」「ウマ娘 プリティーダービー」など。このなかでは「ガンダムビルドダイバーズ」が約3割とR-18率高め。下位では「ハイスクール DXD HERO」と「Cutie Honey Universe」は投稿の半数がR-18イラストです。

 海外投稿者が多かったのは「僕のヒーローアカデミア」「PERSONA5 the Animation」「ソードアート・オンライン オルタナティブ -ガンゲイル・オンライン-」「ウマ娘 プリティーダービー」「ゲゲゲの鬼太郎」など。「PERSONA5 the Animation」は半数近くが海外からの投稿者でした。下位では「メガロボクス」が同じく海外からが半数です。

 「僕のヒーローアカデミア」はほぼすべての国でトップ。ほかでは「PERSONA5 the Animation」は中国とアメリカ、「ソードアート・オンライン オルタナティブ -ガンゲイル・オンライン-」は台湾とインドネシアでの投稿が多いようです。

 逆に「続 刀剣乱舞-花丸-」「アイドリッシュセブン」は国内からの投稿者が大半でした。

 キャラでは「ゲゲゲの鬼太郎」の「猫娘」がトップ。次いで「僕のヒーローアカデミア」の「緑谷出久」「轟焦凍」「爆豪勝己」「トガヒミコ」、「ゴールデンカムイ」の「杉元佐一」「尾形百之助」などが人気でした。女性キャラでは以下「スペシャルウィーク(ウマ娘)」「犬山まな」「アシリパ」などの投稿が多かったです。

 R-18イラストでも「猫娘」がダントツ。以下「ゲゲゲの鬼太郎」の「犬山まな」、「ソードアート・オンライン オルタナティブ -ガンゲイル・オンライン-」の「レン」、「ガンダムビルドダイバーズ」の「アヤメ」などが上位でした。特に「アヤメ」は4割がR-18イラストでした。

 ニコ動とpixivで若干の傾向やタイミングの違いがあるものの、「僕のヒーローアカデミア」の安定したヒットと「ウマ娘 プリティーダービー」「ゴールデンカムイ」の伸びが目立つ3ヵ月でした。

新作期待の7月アニメ

 最後に、今期7月アニメの1週目を終えた現在での傾向をみてみます。調査時点で未放送のタイトルもあり暫定的な数字ですので今後を占う程度の意味合いでご覧いただければと思います。

 まずはダントツの投稿数の「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 3rd SEASON」。アイドルマスターシンデレラガールズは人気の高いタイトルです。同じく人気の高い「BanG Dream! ガルパ☆ピコ」もそうですが原作ゲーム人気で、今期も投稿数は多いと思われますが、アニメ化での変化は小さいと予想されます。ほか、人気マンガの「銀魂 銀ノ魂篇 (後半戦)」「進撃の巨人 Season 3」も投稿が多いです。

 新作では「殺戮の天使」が目立ちます。原作のフリーゲームがニコニコ動画の実況プレイ動画などでヒットしたタイトルで、女子中高生の人気が高い作品です。キャラクターでは主人公「レイチェル・ガードナー」のイラストがよく投稿されています。

 ほか「はたらく細胞」「はねバド!」「千銃士」が今回初アニメ化で勢いのあるタイトルです。

 今回は調査時点ではまだ放送していないタイトルも多いのでまだ様子見程度の結果です。今期はここからどのようになるのでしょうか。注目していきたいと思います。

アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 3rd SEASON」より第1話の公式配信動画。

アニメ「殺戮の天使」より公式PV。第1話は13日24時からニコニコチャンネルで配信開始。


アニメ「はたらく細胞」より第1話の公式配信動画。
アニメ「はねバド!」より公式PV。
アニメ「千銃士」より第1話の公式配信動画。

7月アニメについて7月1日以降にニコニコ動画・pixivに投稿された各タイトル関連の作品投稿数。集計時までに削除された作品は除く。対象タイトルは上記。それぞれ作品を示す複数のタグを名寄せした作品数

イベント告知

 新刊・既刊はCOMIC ZINに委託中。また3月に出た『ボーカロイド音楽の世界 2017』に記事を書かせてもらっています。ご興味があればどうぞ。夏コミは3日目8月12日(日)に東ナ-02aのスペースで参加します。よろしくです。

筆者紹介:myrmecoleon

 趣味で同人誌やニコニコ動画関連の研究をしてる人。コミケ・ニコニコ動画・pixiv・deviantARTなどの調査を行ない、『ニコニコ統計データハンドブック2017』など同人誌としてコミケで頒布。2014年に自身の企画で「次元の壁をこえて 初音ミク実体化への情熱 展」を開催。元明治大学米沢嘉博記念図書館スタッフでニコニコ学会β実行委員。
 Twitterアカウントは@myrmecoleon。関わった著作に『進化するアカデミア 「ユーザー参加型研究」が連れてくる未来』(イースト・プレス刊)など。画像は筆者を擬人化?して描いてもらったキャラ「ありらいおん子」。男の娘。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン