このページの本文へ

スマートウォッチの便利な使い方 講座第5回

スマホを取り出すより速い

スマートウォッチでメッセージに返信する方法

2018年02月16日 09時00分更新

文● 松下典子 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
メッセージは、すぐに確認&返信が基本。タッチスクリーン スマートウォッチにアプリを入れておけば、声やスタンプですばやく返信できる

 Android Wearに対応したタッチスクリーン スマートウォッチは「Android」という名前ですが、iPhoneでも利用できます。そして、スマートフォンに届いたMessengerやWhatsAppなどの各種メッセージの通知を、受け取ることができます。

 混雑する電車内など、すぐにスマホが取り出せないときに手元の時計で、内容を確認できるのは便利ですよね。タッチスクリーン スマートウォッチ側にもアプリを入れておくと、受け取ったメッセージに時計から返信可能です。急ぎの連絡には、音声入力やスタンプを使って、すばやく返事をしてあげましょう。

※スマホとスマートウォッチのOSとAndroidアプリのバージョンによって動作が異なります。
この記事に使用したOSとアプリのバージョン:
スマートフォンのOS:Android 7.0、Android Wear:2.8.0.183316206.gms
スマートウォッチ:Android OS 8.0.0、Android Wear:2.8.0.182823779


※表が表示されない場合は、オリジナルサイトでご覧ください

スマートフォンの「設定」→「アプリ」で該当のアプリを選択し、アプリ情報の「通知」を選択「通知を許可」をオンにする

メッセージの通知をオンにしよう

 時計に通知を表示するのは、スマートフォンのアプリの設定で通知がオンになっている必要があります。「設定」→「アプリ」でお使いのメッセンジャーアプリを選択し、「通知を許可」に変更します。

「Android Wear」アプリの右上にある「設定」(歯車のアイコン)をタップして、「アプリの通知をブロック」を選択
スマートウォッチ側で通知を受け取りたいアプリが、ブロックリストに登録されていたら、右側の×をタップして、ブロックを解除する

 スマートフォン側には通知が表示されるのに、時計には表示されないとしたら、時計へのアプリの通知がブロックされているのかもしれません。スマートフォンの「Android Wear」アプリから確認してみましょう。

メッセージの通知をタップ

音声入力で返信文を書こう

 タッチスクリーン スマートウォッチにメッセンジャーアプリを入れると、受け取ったメッセージに返信が可能です。スマホで使っているメッセンジャーアプリをPlayストアからインストールしておきましょう。メッセージの返信はFacebook Messenger、WhatsApp、ハングアウト、Telegram、Viberなどに対応しています。

メッセージの内容を確認したら、画面下の「…」をタップ「返信する」を選択する
左側のマイクのアイコンをタップ時計に向かって話しかけると、文章が入力される。チェックマークをタップすると、相手に送信される

 返信文は、キーボードや手書き入力の文字認識を使って文字入力できますが、タッチスクリーン スマートウォッチは、小さな画面なので日本語の文章を入力するには時間がかかってしまいます。返信文の入力には、音声入力を使うのが手軽です。ここでは、Facebook Messengerを例に説明します。

絵文字の画面を開き、入力したい絵文字のイメージを描く

絵文字は描いて探すのがカンタン

 親しい相手とのやりとりには、絵文字を入れたいですよね。指で絵文字のラフを描くと、候補を表示してくれるので、目的の絵文字を楽に探しだせます。

絵文字の候補が表示されるので、タップして選択する

 メッセージはスピードが大事。短い文章や絵文字だけでも、すぐに返事があるとうれしいものです。円滑なコミュニケーションに、時計の返信機能をぜひ活用してくださいね。


カテゴリートップへ

この連載の記事