このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンのデジギア道第64回

抜群のコストパフォーマンスで気軽にAV入門できる「Edifier 1010BT」

iPhoneやPCを本格オーディオシステムに変えるBTスピーカーを導入してみた

2017年09月28日 11時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音はよくしたい、でも大規模なシステムはハードルが高い

 デジタル関連製品で最も導入のハードルが高く、かつ、いくらでもお金をかけられるようなジャンルとして「オーディオ」があげられると思う。

 メーカーにもよるが、基本的に老舗のオーディオメーカーの製品は単価が高く、「マニア」と呼ばれる層はケーブル1本に何万円もかけていたりする。

 とはいえ近頃は、ポータブルタイプのBluetoothスピーカーが普及してきた影響もあって、以前より「踏み込めない感じ」は薄まったように感じる。今回紹介するのは、そういった手軽なBluetoothスピーカーの延長の感覚で導入できる、ブックシェルフ型スピーカーである。

Edifierからちょうどいい製品が出た!

 Edifierというブランドは、数年前、Bluetoothスピーカーがまだ目新しいものだった時代に「Spinnaker」などユニークなスピーカーを発表していた。

 Spinnakerは動物の角のような尖った筒状のフォルムが特徴のBluetoothスピーカーで、家電量販店などで見かけたことのある人も多いのではないだろうか。

雑多な編集部においてもなかなか存在感がある

 「Edifier R1010BT」はそんなSpinnakerを作っていたEdifierブランドの製品としては、シンプルに思える外観である。黄色いコーンがデザイン的なアクセントで、それを除くと黒檀をイメージしていると思われる木目調の、ごく一般的なブックシェルフ型スピーカーだ。特に環境を選ぶことなく、様々なテイストの部屋にマッチするはず。

高級感はないが、チープすぎもしない

 構成は直径106mmのコーンと、直径13mmのツイーター。片側12Wで、計24Wという家庭用としては十分な出力を誇る。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン