このページの本文へ

IFA 2017レポート第6回

レノボ、ライトセーバー付きARヘッドセットを発表で誰もがジェダイに!

2017年09月01日 06時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボは8月31日、ドイツのIFAに先がけてベルリンで新製品発表会を行なった。中でも目を引いたのがディズニーとコラボしたARのスターウォーズ「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」だ。価格は発表されておらず、発売は今年のホリデーシーズンを予定している。

 スマホを接続して使うHMDの「LenovoミラージュARヘッドセット」には、トラッキングビーコンやライトセーバー型コントローラーが付属する。これまで想像するしかできなかった方法でスターウォーズの世界を再現しているという。レノボ シニアバイスプレジデント兼コンシューマーPCおよびスマートデバイス担当ゼネラルマネジャーのジェフ・マーディスによると「拡張現実は常に Star Wars の重要な部分として欠かせませんでしたが、そうした鍵となる要素がレノボの技術とディズニーのストーリーテリング技法が結び付いて現実のものになるのは非常にエキサイティングなことです」と述べた。

 ゲームとしてはARを活用したアクションで、自分がジェダイとなってライトセーバー型コントローラーを振り回しながら敵対勢力と戦っていく。戦略バトルではプレイヤーが銀河共和国、反乱同盟軍、レジスタンスのフォー スを結集し、分離主義勢力、銀河帝国、ファーストオーダーの力に対抗して戦闘を繰り広げる。最後にホロチェスだが、これは「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」のミレニアム・ファルコン船内でプレーされたものと同じ、チェスのようにコマを動かして人知を奪っていくゲームだ。

 フォースとともにあれ!

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事