このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!!第17回

【今月の自作PCレシピ 番外編】勝った!勝った!今夜の夕飯はドン勝だ!!

「PUBG」を プレイする店員にPCのスペックを聞いてみた

2017年06月25日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲームングPCの相談者が増加中の「PUBG」

 世界的に爆発的な人気となっており、アキバのPCショップでもPC構成の相談時の遊びたいゲームタイトルにあげる人が急激に増えているのが、謎のパワーワード“ドン勝”が流行中の「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)」(以下PUBG)。

最後の一人になるまで戦い続ける「PUBG」。島のどこに降りてスタートするか、その選択から勝負ははじまっている

 最大100人のプレイヤーが、最後の一人になるまで戦い続けるバトルロイヤルゲームで、ストーリーが一切ないシンプルなゲーム性や1回のプレイが30分程度で終わる手軽さ、そして多くの実況プレイの配信により、アーリーアクセス(開発)版ながら大人気になっている。

乗り物系も登場。ちなみに、この時はズボンやシャツを発見でできず、パンツ一丁+コートという怪しい格好に
「PUBG」はUnreal Engineを採用しており、「ウルトラ」設定で、これくらいの表示だ。プレイしやすいフレームレートと描画設定にカスタマイズしよう
ゲームはアーリーアクセス(開発)版で、価格は3300円。Steamで販売中だ

 ちなみに、謎ワードとなる“ドン勝”は、最後の一人にまで生き残ることができた勝者のみが見ることのできるメッセージ「勝った!勝った!今夜の夕飯はドン勝だ!!」から来ている。

 このメッセージは英語表示では、カジノのブラックジャックで勝者を讃える(プレイヤーがほえる雄叫び)に使われていた「WINNER WINNER CHICKEN DINNER!」になるのだが、“CHICKEN”がなぜか“ドン勝”(かつ丼だと思われる)になっている。

 意味不明ながらすっかり親しまれ、ショップスタッフにも“ドン勝”で通じるようになっている。なお、「Winner Winner Chicken Dinner」は、映画「ラスベガスをぶっつぶせ」(面白いのでオススメです)で主人公が叫んでいたり、「Ford Super Duty」のCMに普通に使われていたりする。

PCパーツショップの多くのスタッフがプレイ

 今最も話題となっているゲームタイトルとあって、アキバPCパーツショップのスタッフの多くが「PUBG」をプレイ済み。描画やシステムなど、好みもあるため、軽く試しただけというスタッフもそれなりにいたが、勝者に送られる“ドン勝”メッセージを目指して、ガッツリプレイしているスタッフも。そんなPCパーツショップのスタッフに、プレイしているPCのスペックや描画設定などを聞いてみた。

 「バトルフィールド 1」などの話題のゲームから、「ファイナルファンタジーXIV」といった定番ゲームまで、さまざまなゲームをプレイしているゲーム好きショップスタッフたち。「GeForce GTX 1080 Ti」や「GeForce GTX 1070」といったハイエンドビデオカードだけでなく、数世代前のGPUでプレイしているスタッフもいた。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中