このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!!第25回

【今月の自作PCレシピ】OS込みで10万円以下! ライトゲームも遊べる小型Ryzen G PC

2018年06月03日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みに組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

AMD最新APUのRyzen Gで
日常用途PCを組む

 長らくメインストリームCPUの主流だった4コア/8スレッドの壁を打ち破ったAMD Ryzenと第8世代Core iプロセッサー。8コア/16スレッドで4万円となるRyzen 2700Xに、6コア/12スレッドで、さまざまな用途で優れたパフォーマンスを発揮するCore i7-8700Kとi7-8700。さらに6コア/6スレッドになるが、コスパ優秀なゲーミングPC自作にベストなCore i5-8400など、選択肢が豊富になっている。

 そんなメインストリーム向けCPUを使ったPCは魅力的だが、用途によってはオーバースペックなうえ、予算もOS込みで10万円越えが必要になる。

 今回はメールやウェブ閲覧、動画視聴、Officeアプリといった日常用途がメインとなる10万円アンダーの自作PC構成をTSUKUMO eX.の6階スタッフの石井さんに相談ところ、4K出力やライトゲーミングや軽い写真加工も視野に入ったAMD Ryzen Gを使ったコンパクトPCを提案してもらった。

Ryzenと同じZenベースのCPUコアとRadeon RX VegaベースのGPUコアを統合したAMDの最新APUを使って構成
中央通りに面したTSUKUMO eX.。地下1階から6階で、PCパーツ一式と液晶、BTO PCなどを取り扱っている
6階スタッフの石井氏。おもに自作PC組み立て代行時の組み立てを担当している

コンパクトなMini-ITXで組むRyzen G PC

 TDP 65Wで4コア/8スレッド、定格3.6GHz、最大3.9GHz動作となる「Ryzen 5 2400G」の魅力は、やはりRadeon RX Vegaをベースにした内蔵GPUで、レビュー記事でのベンチマーク結果からも分かるように、画質にこだわらなければ、「ファンタシースターオンライン2」や「ファイナルファンタジーXIV」を十分遊べるパフォーマンスを発揮する。

Ryzen Gのパフォーマンスを徹底チェックしたレビュー記事のテスト環境で使われているメモリーは、紹介レシピとは異なる高クロックメモリーになるため、パフォーマンスは多少ダウンすると思われる

 もちろん、インテルLGA 1151のミドルローCPUになる4コア/4スレッドの「Core i3 -8100」(1万3500円前後)と比べ、動画や写真エンコードといった作業のパフォーマンスが一歩及ばず、i3-8100に1万1000円前後で購入できるGeForce GTX 1030搭載のローエンドビデオカードを組み合わせると、ゲームパフォーマンスも負けてしまうが、低予算で日常用途から軽い写真や動画の編集作業、さまざまなライトゲームを遊べるPCを組むなら、「Ryzen 5 2400G」はかなり魅力的になっている。

 高パフォーマンスを備えるGPUを内蔵するRyzen Gは、コンパクトケースとの相性も抜群と語る石井さん。今回の構成でも、予算に重きを置きつつ、コンパクトケースを採用している。

 そのうえ、コンパクトPC自作の難易度を高める要因のひとつであるケーブル配線が極力必要ないように、スロットに差すM.2 SSDを採用するほか、4K60p出力が可能なDisplayPort出力端子を装備するマザーボードなど、予算を抑える割り切りをしつつ、こだわりもある構成になっている。

OS込みで10万円アンダーとなるRyzen 5 2400G採用のコンパクトPCの構成パーツ
第2世代Ryzen 7搭載PCの構成
CPU AMD「Ryzen 5 2400G」
(4コア/8スレッド、定格3.6GHz、最大3.9GHz)
1万8980円
マザーボード GIGABYTE「GA-AB350N-Gaming WIFI」
(Socket AM4、B350、Mini-ITX)
1万3770円
メモリー Crucial(CFD販売)「W4U2400CM-4G」
(DDR4-2400、4GB×2枚)
1万480円
SSD Western Digital「WDS250G2B0B」
(250GB、SATA3)
8980円
光学ドライブ   なし
ビデオカード AMD「Radeon RX Vega 11」(CPU内蔵) なし
PCケース RAIJINTEK「METIS PLUS」(Mini-ITX) 7277円
電源ユニット CORSAIR「SF450(CP-9020104-JP)」
(80PLUS GOLD 450W、SFX)
1万980円
その他 SilverStone「SST-PP08B」
(SFX→ATX変換マウンター)
980円
小計(税抜)   7万1447円
消費税(8%)   5715円
総額(税込)   7万7162円

※価格は5月27日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中