このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2017レポート第14回

GIGABYTEがThunderbolt 3接続の外付けVGAボックスをCOMPUTEXで公開

2017年05月31日 11時44分更新

文● ドリル北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2017に出展しているGIGABYTEが、今年も例年通り「台北101」の36階で関係者限定の展示会を開催した。そこで見かけたVGA関連のおもしろそうな製品を紹介しよう。

101階建ての超高層ビル「台北101」の36階で取材陣を出迎えてくれたのは、AORUSをイメージした巨大なフィギュアだった

GeForce GTX 1070搭載
外付けグラフィックボックス

 「AORUS GTX 1070 Gaming Box」は、GeForce GTX 1070を搭載している外付けグラフィックボックス。ノートPCなどのPCI ExpressスロットがないPCに、ビデオカードを接続するための機器だ。

外付けグラフィックボックス「AORUS GTX 1070 Gaming Box」

 PCとの接続はUSB 3.0の8倍の転送速度をほこるThunderbolt 3で、本体内に80PLUS GOLD認証を取得した450W電源を内蔵する。

 同様のコンセプトの製品は他社からも発売されているが、ビデオカードがあらかじめ装着された状態で販売されるのは本製品が初となる。そのうえ、サイズが212(W)×96(D)×162(H)mmと他社製よりややコンパクトなのが特徴となっている。

 なお、ビデオカードを交換する場合は、2スロット厚の長さ17cmまでのビデオカードを搭載できる(カードの交換は保証対象外)。7月下旬発売予定で価格は未定。

プラグアンドプレイ対応なので、PCを再起動しなくても接続可能。Thunderbolt 3のほかにもUSB 3.0を3基搭載。マウスやヘッドセットを接続できる携帯機器を充電できるQC3.0とノートPCを充電できるPD3.0にも対応する
「RGB fusion」に対応するため、マザーボードや対応機器と連動させて、LEDを発光させられる専用キャリーバックが付属するので持ち運びが容易

外排気仕様のGeForce GTX 1080 Ti

 高速ビデオメモリーGDDR5Xを11GB搭載する外排気仕様のGeForce GTX 1080 Tiが「GeForce GTX 1080 Ti Turbo 11G」(型番:GV-N108TTURBO-11GD)だ。

 ゲーミングモードのベースクロックは1480MHz(ブースト最大1582MHz)で、OCモードのベースクロックは1506MHz(ブースト最大1620MHz)となる。補助電源は8ピン+6ピン。7月下旬発売予定で価格は未定。

GeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード「GeForce GTX 1080 Ti Turbo 11G」。ブロアーファンが空気を吸い込み、ブラケットの排気口から排熱する仕組み

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中