このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2017レポート第7回

デルがRyzen&RX 580搭載VR対応で4K液晶を採用した超本気のオールインワンPCを発表

2017年05月31日 03時00分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルは台北にて行なわれている「COMPUTEX TAIPEI 2017」に伴いコンシューマー向け&ゲーミングPCの新製品発表会を「Neo Studio」にて行なった。

 イベントではシニア・バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャーのレイモンド・ワー氏が登壇して、新製品の紹介を行なった。

コンシューマーおよびスモールビジネス・プロダクトグループ担当 シニア・バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャーのレイモンド・ワー氏

Inspiron初のVR対応PC

 最初に発表されたのは、AMDの最新CPU「Ryzen」を採用し、グラフィックスにRadeon RX 500シリーズを採用した「New Inspiron 27 7000 オールインワン」。本機は、IPSパネルを採用する27インチ4K液晶を搭載した液晶一体型PC。ベゼル幅を極限まで削ったインフィニティーエッジスクリーン対応のため、映像への没入感が高い。最小構成価格は999.99ドル(約11万700円前後)で、近日中に世界中で販売が開始される予定。

 搭載可能なRyzenの型番は明らかにされておらず、現地スタッフに聞いても明確な回答は得られなかった。日本での発売も行なわれる予定だが、その際に日本での仕様が明らかになるとのこと。

New Inspiron 27 7000 オールインワンは、VRヘッドマウントディスプレーの「Oculus Rift」が接続された状態で展示されていた
液晶下部に2つのレンズを備えたWindows Hell One-Lookログインに対応したカメラを搭載する

 展示されていたデモ機を確認したところCPUはRyzen 7 1700(8コア/16スレッド、3~3.7GHz)で、グラフィックスがRadeon RX 580となっていた。メモリーは最大で32GB(DDR4)、ストレージはデュアルHDD、オプションでNVMe準拠のSSDが搭載可能とのこと。

展示PCは、CPUがRyzen 7 1700、メモリーが16GB、OSがWindows 10 Home。そして、グラフィックボードがRadeon RX 580となっていた

 また、本機はVRに最適化するよう設計されており、ヘッドセットの接続、センサー、ゲームパッドとVRに必要なモノを取り付けるのに苦にならない豊富なインターフェースを備えるとのこと。

インターフェースはすべてを確認できなかったが、少なくとも背面でセンサー×2と、ワイヤレスマウスのドングル、ヘッドセットが接続されていたため、USB3.0が5~6個(液晶の左側面にもひとつ搭載)、HDMI出力を備えている。また、HDMI入力により、液晶ディスプレーの代わりにもなるとのこと

 推奨アクセサリーは薄型なUSB接続のDVDドライブとワイヤレスマウス&キーボード。展示されていたPCで使われていたマウスが標準で付属されるかはわからないとのこと。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン