このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

myrmecoleonの「グラフで見るニコニコ動画 第2期」第18回

人気作が集まる2017年4月期アニメの二次創作を調査

けもフレショック後の4月アニメはエロマンガ先生が大ヒット

2017年05月29日 18時00分更新

文● myrmecoleon 編集●村山剛史/アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この連載では、独自に収集したデータを使って、みんな知ってるようで知らないニコニコ動画やpixivの現在を紹介していきます。連載一覧→第2期第1期

今回調査対象とした2017年4月開始のテレビアニメ 51タイトル(50音順)

人気タイトルのアニメ化・続編が並ぶ4月アニメ 注目は「エロマンガ先生」

 今回調査したのは2017年4月開始のテレビアニメ以下51タイトル。

今回調査対象とした2017年4月開始のテレビアニメ51タイトル
ID-0 アイドルタイムプリパラ アイドルマスター シンデレラガールズ劇場
アトム ザ・ビギニング 兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走- アリスと蔵六
有頂天家族2 エロマンガ先生 王室教師ハイネ
カブキブ! 境界のRINNE 第3シリーズ 銀の墓守り(ガーディアン)
GRANBLUE FANTASY The Animation クロックワーク・プラネット 喧嘩番長 乙女-Girl Beats Boys-
冴えない彼女の育てかた♭ サクラクエスト サクラダリセット
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 進撃の巨人 Season 2 神撃のバハムート VIRGIN SOUL
sin 七つの大罪 スタミュ 第2期 スナックワールド
正解するカド KADO: The Right Answer ゼロから始める魔法の書 ソード・オラトリア
ツインエンジェルBREAK 月がきれい つぐもも
トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察 夏目友人帳 陸 信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~
ひなこのーと 覆面系ノイズ 武装少女マキャヴェリズム
フューチャーカード バディファイト バッツ フレームアームズ・ガール ベイブレードバースト 神(ゴッド)
ベルセルク 第2期 僕のヒーローアカデミア(第2期) BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
まけるな!! あくのぐんだん! 遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ) ラブ米(ラブコメ)-WE LOVE RICE-
リルリルフェアリル~魔法の鏡~ RoomMate Re:CREATORS(レクリエイターズ)
恋愛暴君 ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) 笑ゥせぇるすまんNEW

 タグを参考に上記タイトル関連のニコニコ動画・pixivの投稿データを収集し、複数のタグ(表記揺れ・海外タグ・腐向けタグ等)を名寄せして各作品関連の投稿をカウントしています。4月1日以降の投稿作品のデータを5月20日朝に収集。また4月開始アニメでも5月15日時点でニコ動・pixivのどちらかで1件も投稿作品が確認できなかった作品(ニコ動は公式配信分を除く)は上記リストから除外しています。

 なおこの調査の趣旨は日本で二次創作の題材とされやすい新作テレビアニメについて、ニコ動・pixivにおける活動の活発さを動画・イラストの投稿数から見ることで、二次創作と親和性の高いコミュニティの中での各テレビアニメ作品のインパクトやファン層の規模を図るものです。この結果は各アニメ作品の面白さ・クオリティとは直接関係がありませんし、関連商品の売上と直結するものでもありません。ご注意ください。

 今期はニコ動・pixivとも「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」がダントツですが、これはアイドルマスター シンデレラガールズ関連の全体を集計に含んでいるため。ほか「進撃の巨人 Season 2」「GRANBLUE FANTASY The Animation」「僕のヒーローアカデミア(第2期)」「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」「アイドルタイムプリパラ」なども、もともとニコ動やpixivでの二次創作人気が高いタイトルです。投稿は多いもののいずれもアニメ放送以前と比較して劇的な変化はありません。

 そうした中で拡大が目立つのが新作「エロマンガ先生」

 特にpixivでヒロイン「和泉紗霧」の人気が高く、今回の調査範囲で(シンデレラガールズ含めて)最も描かれているキャラクター。この連載歴代でもトップクラスの人気です。

 ほか新作ではニコ動で「ひなこのーと」「フレームアームズ・ガール」、pixivで「フレームアームズ・ガール」「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」の投稿が多いようです。

 なお前期には2月から急激にブレイクした「けものフレンズ」があり、現在も人気が高く4月アニメの流行にも影響が伺えます。こちらも参考に紹介します。

ニコニコ動画・pixivに投稿された各タイトル関連の作品投稿数。集計時までに削除された作品は除く。対象タイトルは上記。それぞれ作品を示す複数のタグを名寄せした作品数
各作品のニコニコ動画・pixivの投稿数を両対数軸のグラフにプロットしたもの。斜めの線は近似曲線で、およそこの線から右下がニコ動寄り、左上がpixiv寄りによく二次作品が投稿されているタイトル

人気作のアニメ化も影響はそれぞれ

 今回上位のシンデレラガールズ・進撃の巨人・グラブルは以前から二次創作人気の高いタイトル。いずれも投稿数の多さは前人気によるところが大きいです。

 アイドルマスターシンデレラガールズは、2015年のアニメ化(連載1期第42回で紹介)およびスマホゲーム「シンデレラガールズ スターライトステージ」(デレステ)の開始があり、以降は投稿が拡大。2015年当時の数字と比較するとニコ動・pixivとも倍近い勢いとなっています。

 ただし今回の「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」放送自体の影響は小さく、放送前と比較すると若干の増加。それもこの時期デレマスで開催されていた「第6回シンデレラガールズ総選挙」やデレステのガチャやイベントの影響が大きそうです。

 ニコ動ではデレステ関連の投稿が多く、またシンデレラガールズ総選挙の応援動画も目立ちました。

 pixivではキャラ別で投稿が多かったのは、誕生日が3月末でデレステでも4月に新SSRが登場した「白坂小梅」、4月に誕生日があった「島村卯月」、総選挙1位の「高垣楓」など。シンデレラガールズは週ごとで見ると誕生日やイベントなどですぐ順位が入れ替わり、どのアイドルも平均して人気が高い傾向が伺えます。R-18イラストは少なめ。

 投稿者は今回のタイトルで最も多く、7割の投稿者が男性。海外の投稿者は14%と少なめな傾向です。

アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」より第1話の公式配信動画。原作はバンダイナムコエンターテイメント・Cygames開発・Mobage配信のゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」。ゲーム内で公開されている5コマ漫画を5分アニメにしたもの。ニコ動では放送からだいぶ遅れて先日1話の公式配信が開始された。

 「進撃の巨人 Season 2」は2013年に放送された1期(連載1期第1回で紹介)の続編。放送前の月と比較するとニコ動・pixivとも倍程度に増加しており、こちらはアニメ放送の影響が伺えます。1期の頃と比較するとだいぶ勢いは落ちましたが、現在も投稿の多いタイトルです。

 ニコ動ではMMD動画が多く、OP「心臓を捧げよ!」関連の動画もよく上がっています。

 pixivのキャラ別では「リヴァイ」「エレン」「ミカサ」「アルミン」ら以前から人気の高いキャラクターが継続して投稿。R-18イラストは17%と多いです。

 また投稿者の8割が女性で、女性投稿者が最も多いタイトルでした。

アニメ「進撃の巨人Season 2」より公式PV。原作は別冊少年マガジン連載中の諫山創の同名マンガ。2013年4月から9月にかけて放送された1期の続編となる。niconicoではニコ生での最新話生放送と有料チャンネル配信あり。

 「GRANBLUE FANTASY The Animation」は人気ソーシャルゲームの初アニメ化。以前からpixivやコミケではよく見るタイトルで、過去の連載でも紹介しています。新規アニメ化ですが、放送前と比較して投稿はあまり増加しておらず、アニメ化の影響は少ないようです。過去でもソーシャルゲーム等のアニメ化はアニメ自体よりゲームイベントの影響が大きい例があったため、グラブルに関しても同様なのかもしれません。

 ニコ動では原作ゲームのプレイ動画が中心。

 pixivでは2割がR-18イラストと非常に多く、キャラでは「カリオストロ」「ジータ」「コルワ」などがよく投稿されています。投稿者は8割弱が男性、2割ほどが海外からの投稿者と多めです。

アニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」より第1話の公式配信動画。原作はCygames開発・Mobage配信のゲーム「GRANBLUE FANTASY」。空に浮かぶ島々を冒険する王道ファンタジー。
ニコ動での4月開始アニメのおもな3作品の関連タグの動画投稿数の日毎推移。作品数の集計時期やカウント方法はグラフ1に同じ
pixivでの4月開始アニメのおもな3作品の関連タグのイラスト投稿数の日毎推移。作品数の集計時期やカウント方法はグラフ1に同じ

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン