このページの本文へ

やっぱりスマホ新製品に注目! MWC 2017レポート第2回

MWC 2017開幕前にBlackBerryからQWERTYキー搭載機! 「BlackBerry KEYone」発表

2017年02月26日 17時30分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「BlackBerry KEYone」

 BlackBerryは2月25日、スペイン・バルセロナで新製品発表会を開催。QWERTYキーボードを搭載した「BlackBerry KEYone」を発表した。製造はTCL Communicationが担当する。製品発表会では、同社のニコラス・ジベルCEO自らが「企業ユーザーだけではなく、コンシューマーにも最高のセキュリティーを備えた最高の製品」と新製品の説明を行なった。

BlackBerry KEYoneを発表するTCL CommunicationのCEO、ニコラス・ジベル氏

 BlackBerry KEYoneの最大の特徴である物理QWERTYキーボードは表面がタッチセンサーになっており、画面表示のスクロールが可能。それぞれのキーにはアプリケーションを割り当て可能で、Fを押せばFacebook、Mを押せばGoogleマップというように、すべてのキーをカスタマイズ可能。下部中央には指紋認証センサーを備える。

 ディスプレーは4.5型で解像度は1080×1620ドット。他社の4.7型の端末でソフトキーボードを表示するよりも、表示部分のサイズは広く取ることができる。

キーボードは表面がタッチセンサーになっている。各キーにアプリの割り当ても可能QWERTYキーボードを備えながら画面サイズを拡大

 アプリケーション面では「BlackBerry Hub」によりメッセージやメールの一括管理が可能なことをアピール。TwitterなどのSNSやメール、BlackBerryメッセンジャーのメッセージ、さらには予定などを時系列で一覧表示できる。これはコミュニケーションの相手ごとにそれぞれのアプリを開かなくてもよいというメリットがある。

 そして「DTEK by BlackBerry」がプリンストールされ、最高のセキュリティーをコンシューマー層でも利用することができる。セキュリティーレベルは細かいカスタマイズが可能なので、BYODなど自分のスマートフォンを仕事に使うユーザーでも安心して端末を利用可能だ。

BlackBerry Hubによるメッセージの一覧表示セキュリティーレベルはカスタマイズが可能

 主なスペックはチップセットがオクタコアのSnapdragon 625(2GHz)、メモリー3GB、ストレージ32GB(microSDXCは2TBまで対応)、リアカメラ1200万画素、フロントカメラ800万画素。バッテリーはこれまでのBlackBerry端末で最大の3505mAhを搭載。製品の発売は2017年4月の予定。価格はヨーロッパが599ユーロ(約7万900円)、イギリスが499ポンド(約6万9700円)、アメリカが549ドル(約6万1000円)。なお日本市場についてのアナウンスは発表会では行なわれなかった。

2017年4月販売予定。価格はヨーロッパ、イギリス、アメリカで異なる

 実端末はすでにCES 2017で一部メディアに公表されていたが、製品版の展示は今回が初めてとなる。4.5型ディスプレーの下部にQWERTYキーボードを備えているため、本体のサイズは若干縦長になっている。本体の長さは約150mm。

BlackBerry KEYoneのフロント。やや縦長の印象だ

 本体右側面にはSIMスロット、ボリュームボタン、カスタマイズ可能なショートカットキーを備える。なお左側面は電源ボタンのみとなっている。

右側面左側面

 背面は滑り止め加工の凹凸が目立つ、柔らかい樹脂素材のため握りやすく、滑って落としてしまうことはなさそう。片手でキーボード入力操作を行なっても、手のひらでしっかりと保持できるだろう。

 背面は大型のカメラが目立つが、カメラ部分はわずかに背面から飛び出している。側面のSIMトレイはSIMとmicroSDカードとの共用タイプ。シングルSIM対応だが、構造的にはデュアルSIM化もできそうだ。

1200万画素のカメラは背面の大きなアクセント。背面からはわずかに出っ張っているSIMトレイはナノSIMとmicroSDを合わせて乗せるタイプ

 本体上部は片側に3.5mmのヘッドフォン端子を備える。上から見ると側面側がカーブを描いた形状になっていることがわかる。この形状も相まって、ホールド感はかなり良好。下部側にはUSB Type-C 3.1端子を挟んでスピーカーが左右に並ぶ。

本体上部はヘッドフォン端子を備える下部側にはType-C端子とスピーカーを配置

 とはいえ、一番気になるのはキーボードの操作性だろう。BlackBerry KEYoneのキーボードのクリックは、硬さは感じられず若干柔らかめという印象。キーの形状はフラットだが、指先を乗せると若干左右に遊びがあるため、各キーをしっかりと押すことができた。このためミスタイプは少ないだろう。また、AltキーやSymキーは「BlackBerry Priv」などと同等の配列なので、これまでのBlackBerryユーザーでも違和感なく使える。

最大の特徴であるキーボード。実際に触った感じではミスタイプはしにくい印象

 QWERTYキーボードスマートフォンの元祖ともいえるBlackBerryが、TCLへライセンス供与して作った最初の製品であるBlackBerry KEYone。生まれ変わったBlackBerry端末としては、質感やキーボードなど合格点を与えられる製品と感じた。日本での発売は未定だが、ぜひ国内投入してほしい端末だ。

  BlackBerry KEYone
メーカー TCL Communication
ディスプレー 4.5型液晶
画面解像度 1080×1620ドット
サイズ 約72.5×149.3×72.5mm
重量 約180g
CPU Snapdragon 625
2.0GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部メモリー microSDXC(最大2TB)
OS Android 7.1
無線LAN IEEE802.11ac(5GHz)
Bluetooth 4.2
カメラ画素数 リア:1200万画素/イン:800万画素
バッテリー容量 3505mAh(取り外し不可)
NFC
LTE対応バンド 1/2/3/4/5/7/8/13
17/20/28/38/40
3G対応バンド 1/2/5/6/8
GSM 4バンド対応

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン