このページの本文へ

12月14~16日の期間に国立京都国際会館にて開催

サードウェーブデジノス、大学ICT推進協議会に機材協力でサーバー 「Diginnos OpenRack」などを出展

2016年12月12日 17時02分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Diginnos OpenRack

 サードウェーブデジノスは、12月14~16日の期間に国立京都国際会館にて開催される大学ICT推進協議会で出展されるNTT西日本に機材協力をする。

 大学ICT推進協議会年次大会では、ICTを利用した教育、研究や経営などの高度化を目指し、各種専門的情報の提供ならびに交換を実施する。

出展物

Diginnos OpenRack
低消費電力・高効率大規模データセンターの業界標準のラック、サーバー
Diginnos TS1221-WKL
HPC、ディープラーニングなどに最適なインテルXeon Phi X200シリーズ搭載のワークステーション
Diginnos RS5222-WT1
NVMe を4本搭載可能、次世代インターコネクト、インテル Omni-Path Architectureにも対応

大学ICT推進協議会

日時 12月14~16日
場所 国立京都国際会館(京都市左京区岩倉大鷺町422番地)
費用 会員8500円、非会員1万3000円

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ