このページの本文へ

電源はUSBバスパワーなので、外出先でもノートPCがあれば作業可能

筆圧検知は2048レベルの10型ペンタブレット 3万円台で登場!

2016年12月12日 14時32分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は12月9日、10.1型ぺンタブレット「DN-914602」を発売した。価格は3万6800円。

 ディスプレーの解像度は1280×800ドットで、筆圧検知は2048レベル、読取分解能は5080LPIだ。タブレットには6個のボタンを搭載しており、ショートカットーキーを設定可能。タッチペンには2個のボタンも動作を設定できるので、スムーズな作業が可能という。電源はUSBバスパワーなので、外出先でもノートPCがあれば作業ができる。

 サイズは横301.88×縦209.6×厚さ11.95mmで、重量はおよそ655g。対応OSはWindows 7/8/8.1/10(SP1以降)、MacOS10.7以降。クイックスタートガイド、デジタルペン、ペンチップ(替え芯10本付)、HDMI-miniHDMIケーブル、USB-microUSBケーブルが付属する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ