このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第407回

納期3ヵ月待ち! 6万円台で買える手書き対応モバイル「YOGA BOOK」を衝動買い!

2016年11月30日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパクトで精密な外観が好感度を上げている

1920×1200ドットのIPS液晶はあくまで見やすく、キーボードのライトアップも斬新だ

1920×1200ドットのIPS液晶はあくまで見やすく、キーボードのライトアップも斬新だ

 YOGA BOOKは10.1インチのワイドIPSパネル(1920×1200ドット)を採用し、極めてコンパクトだ。筆者が日常使っているiPad Proと比較しても2周りほどコンパクトで携帯重量も約30gほど軽い。

YOGA BOOK(左端)は中央の「iPad Pro」より2周りはコンパクトだ。右端はYOGA BOOKのブローシャー(A4)

YOGA BOOK(左端)は中央の「iPad Pro」より2周りはコンパクトだ。右端はYOGA BOOKのブローシャー(A4)

YOGA BOOK(左)は筆者の日常使いの「ThinkPad X1 Carbon」(右)のすべてが2分の1くらいのコンパクトさだ

YOGA BOOK(左)は筆者の日常使いの「ThinkPad X1 Carbon」(右)のすべてが2分の1くらいのコンパクトさだ

軽いので、キーボード部分を360度折り返してタブレットとして使える。もちろん、この状態ではキーボードは機能を停止するので指先が触れても安心だ

軽いので、キーボード部分を360度折り返してタブレットとして使える。もちろん、この状態ではキーボードは機能を停止するので指先が触れても安心だ

 同じWindows 10搭載モバイルPCとして筆者が日常使っている「ThinkPad X1 Carbon」と比較しても、感覚的には外観の大きさや重さ、薄さは半分近くコンパクトな印象だ。360度折り返してタブレットイメージで片手でホールドする時も690gは我慢できる重量だ。

本体には「ドルビーオーディオプレミアム」を内蔵。アルファベットの“A”のイメージの通称“テント型”にして、ミュージック動画も快適だ

 「ドルビーオーディオプレミアム」の標準搭載でYOGA BOOKを通称“テント型”(ウォッチモード)にトランスフォームして、ミュージック動画などを再生しても素晴らしい。

YOGA BOOKの外観的最大の特徴であるるウォッチバンドヒンジは高級感がある

YOGA BOOKの外観的最大の特徴であるるウォッチバンドヒンジは高級感がある

 背面から見るウォッチバンドヒンジ部は従来のモノより細かく、より精密な印象を受ける。こだわりのパーツゆえにユーザーの好感度も高いだろう。

向かって右側面は、電源ボタンと音量調整ボタン、薄すぎる本体からあふれそうなマイクロフォン、ヘッドフォンのコンボジャックがある。薄くても強度は大丈夫だ

向かって右側面は、電源ボタンと音量調整ボタン、薄すぎる本体からあふれそうなマイクロフォン、ヘッドフォンのコンボジャックがある。薄くても強度は大丈夫だ

向かって左側面は、microUSBポート、nanoSIM/microSDカードスロット、microHDMIポートが並ぶ

向かって左側面は、microUSB 2.0ポート、nanoSIM/microSDカードスロット、microHDMIポートが並ぶ

 YOGA BOOKに向かって右側面は、左から電源ボタンと音量調整ボタン、マイクロフォンとヘッドフォンのコンボジャックが配置され、反対の側面には、左からmicroUSBポート、nanoSIM/microSDカードスロット、microHDMIポートが並ぶ。

2段構造のSIMスロットは手前にmicroSDカード、奥にキャリアのnanoSIMカードスロットがある

2段構造のSIMスロットは手前にmicroSDカード、奥にキャリアのnanoSIMカードスロットがある

 2段構造のSIMスロットは、手前にmicroSDカード、奥にキャリアのnanoSIMカードを配置する。筆者は、FREETELのデータ通信専用SIMと東芝の64GB microSDカードを利用している。

 YOGA BOOKへの充電は、付属のUSB/ACアダプター以外でも、5.2V 2.0Aの出力のあるごく一般的なUSB/ACアダプターでも充電可能だ。

強度はあるがごついmicroUSBケーブルだと、プラグが太すぎて充電の時に薄いYOGA BOOKを持ち上げてしまいそうだ

強度はあるがごついmicroUSBケーブルだと、プラグが太すぎて充電の時に薄いYOGA BOOKを持ち上げてしまいそうだ

 筆者が使用していたケーブルでは、YOGA BOOKがあまりにも薄すぎて、少し太めのmicroUSBプラグが本体をテーブル面からごくわずかだが持ち上げてしまっていた。

13時間駆動の内蔵バッテリーは十分だと思うが、より長時間のモバイル環境で、不足だと感じるようなら、スマホやタブレット用の外付けモバイルUSBバッテリーを使用できる

13時間駆動の内蔵バッテリーは十分だと思うが、より長時間のモバイル環境で、不足だと感じるようなら、スマホやタブレット用の外付けモバイルUSBバッテリーを使用できる

 共通テスト基準による公称バッテリー駆動時間は13時間なので、省エネルギー駆動ではなく、多少パワフルな設定で使っても半分の6時間半は稼働できた。

 筆者は、ACアダプターを使える環境じゃない場合は、極めて薄いUSBモバイルバッテリー(8000mAh)を同時に携帯するようにしている。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン