このページの本文へ

【ドコモ2016冬春】Xperia XZにコンパクトXperiaも! ドコモ独自の「MONO」にも注目!第8回

メーカーはシャープとパナソニックの2社

ドコモの新型AndroidベースケータイがVoLTE&LINE対応でシャープとパナから登場

2016年10月19日 11時27分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモは、Android搭載フィーチャーフォンとして、シャープ製「AQUOSケータイ SH-01J」とパナソニック製「P-smartケータイ P-01J」を発表しました。SH-01Jは10月21日、P-01Jは11月上旬発売予定です。

高画質の写真が撮れて海外でも使えるAQUOSケータイ

AQUOSケータイ SH-01J(ゴールド)

 AQUOSケータイ SH-01Jは、シャープ製フィーチャーフォンで、ドコモVoLTEに対応。外側に0.9型1色有機ELディスプレーを搭載し、メインディスプレーは3.4型QHD解像度(540×960ドット)となっています。

 HDR撮影対応の800万画素カメラを搭載し、逆光時などでもキレイな写真を撮影可能。また、GMS方式(1.9GHz/1.8GHz)にも対応しているため、海外ローミングも利用できます。

ブルーブラックピンク

みまもり機能を搭載した
パナソニック初のAndroidフィーチャーフォン

P-smartケータイ P-01J(ホワイト)

 P-smartケータイ P-01Jは、パナソニックとしては初めてのAndroid搭載フィーチャーフォン。SH-01J同様、VoLTEに対応。また、同社の独自技術「プレミアムトーク」により、自然な音質をたもちながら大きな音で相手の声を聴くことができます(2015年11月発売の「P-01H」の2倍の音圧)。

 また、高齢者向けのみまもり機能も充実。離れた家族に歩数情報などを自動送信する「みまもりメール」は引き続き搭載。電話帳に非登録の人や非通知設定の相手から着信した場合に、自動ガイダンスで相手の名前を聞く「あんしん応答」を新たに採用しています。

ゴールドブラック

 どちらもAndroid 5.1搭載ではあるもののGoogle Playやテザリング機能はなし。ただし、LINEやおサイフケータイは利用可能です。

 ひさしぶりに登場したドコモのフィーチャーフォン。メールや通話が中心の方やテンキー好きの方は、ぜひ検討してみてください。

AQUOSケータイ SH-01J P-smartケータイ P-01J
メーカー シャープ パナソニック
モバイルコミュニケーションズ
メインディスプレー 3.4型液晶
画面解像度 540×960ドット 480×854ドット
サブディスプレー 0.9型有機EL(1色)
サイズ 約113×51×16.7mm 約113×51×16.9mm
重量 約132g
外部ストレージ microSDXC(最大256GB) microSDHC(最大32GB)
OS Android 5.1(Google Play非対応)
最大通信速度 下り最大150Mbps
対応バンド LTE:1/19
W-CDMA:1/5/6/19
ドコモ対応周波数 2GHz/800MHz
VoLTE
無線LAN
カメラ画素数 リア:800万画素/イン:× リア:500万画素/イン:×
バッテリー容量 1800mAh
FeliCa/NFC ○/×
ワンセグ/フルセグ ○/×
赤外線通信
防水/防塵 IPX5,8/IP5X IPX5,7/IP5X
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(LTE/3G) 約610時間/約700時間 約610時間/約740時間
連続通話時間(LTE/3G) 約440分/約620分 約460分/約500分
カラバリ Gold、Blue Black、Pink ホワイト、ブラック、ゴールド
発売時期 10月21日 11月上旬

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン