このページの本文へ

【ドコモ2016冬春】Xperia XZにコンパクトXperiaも! ドコモ独自の「MONO」にも注目!第3回

ミドルレンジながら背面カメラはXZ相当!

4.6型のドコモ「Xperia X Compact」がメモリー3GBで11月上旬登場!

2016年10月19日 12時00分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモは、2016-2017年冬春モデルとして、ソニーモバイル製「Xperia X Compact SO-02J」を発表しました。11月上旬発売予定です。

ミストブルー

 Xperia X Compactは約1年ぶりの登場となるXperiaの小型モデル。4.6型HD解像度(720×1280ドット)のディスプレーを搭載するなど、基本的には従来の小型版Xperiaに準拠したスペックなのですが、メモリーは3GBと増大しています。

 ただし、いままでのCompact機は「ハイエンドであるZシリーズの小型版」を銘打っていたのに対し、今回は「ミドルレンジのXシリーズの小型版」となっているため、CPUはSnapdragon 650で、Quick Charge 3.0非対応、VoLTE HD+非対応などXperia XZよりは性能がおさえられています。なお、グローバル版では保証されていなかった防水・防塵(IPX5、8/IP6X)にはしっかり対応しています。

ホワイト

 一方、背面カメラの機能はXperia XZ相当のものを搭載。2300万画素で、暗がりでもフォーカス速度が高速な「レーザーAF」に対応し、ホワイトバランスをより適切に判断できる「RGBC-IRセンサー」を搭載しています。ただし、CPUや内蔵GPUの性能に依存する4K動画撮影は、Xperia X Compactでは利用できません。

 素材はXperia XZが深みのあるメタル素材を採用しているのに対し、Xperia X Compactは樹脂製を採用。カラーバリエーションはパステル調の4色で、多層コーティングによる陶器のような輝きが特徴的です。

ユニバーサルブラック
ソフトピンク

 また、ドコモではXperia X Compact向けソニーモバイル純正アクセサリー「Xperia X Compact Style Cover Touch SCTF20」(税別5480円)と「Xperia X Compact Style Cover Stand SCSF20」(税別3280円)、そして耳に装着する小型アシスタント「Xperia Ear XEA10」(税別1万9880円)を取り扱い予定です。

SCSF20SCTF20
Xperia Ear

端末ハンズオン画像

ドコモ「Xperia X Comoact SO-02J」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 4.6型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約65×129×9.5mm
重量 約135g
CPU Snapdragon 650
1.8GHz+1.4GHz(ヘキサコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 6.0
最大通信速度 下り最大262.5Mbps
対応バンド LTE:1/3/5/7/12
/17/19/21/28
/ 38/39/40/41
W-CDMA:1/5/6/19
ドコモ対応周波数 2GHz/1.5GHz/1.7GHz
/800MHz/700MHz
キャリアアグリゲーション ○(2GHz+1.7GHz)
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:2300万画素(F値2.0)
/イン:510万画素
バッテリー容量 2700mAh(交換不可)
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ○(録画対応)/×
赤外線通信 ×
防水/防塵 IPX5、8/IP6X
生体認証 ○(指紋認証)
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(LTE/3G) 約540時間/約600時間
連続通話時間(LTE/3G) 約850分/約730分
カラバリ Mist Blue、White、Universe Black、Soft Pink
発売時期 11月上旬

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン