このページの本文へ

【ドコモ2016冬春】Xperia XZにコンパクトXperiaも! ドコモ独自の「MONO」にも注目!第2回

進化したカメラ機能で撮った写真や動画をスグにシェア!

ドコモ「Xperia XZ SO-01J」は下り500Mbpsの3波CAに対応し11月登場

2016年10月19日 12時00分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモは、2016-2017年冬春モデルとして、ソニーモバイル製「Xperia XZ SO-01J」を発表しました。11月上旬発売予定です。

フォレストブルー

 すでに、ソフトバンクau、それぞれのキャリアが取り扱いを発表したソニーモバイルの新フラグシップ機がドコモでも登場。

 ドコモ版と他キャリア版との最大の違いは通信速度。提供される時期と地域は、2017年3月から東名阪中心の約70都市ですが、理論値としては3キャリア内最速となる下り最大500Mbpsの速度に対応しています。

 70都市以外でも2GHz+1.5GHz+1.7GHzの3波キャリアアグリゲーション(下り最大400Mbps)に対応し、全国約730都市で利用できる見通し。動画などの重いデータのやりとりをする人や、PCとのテザリングに使う人は要チェックです。

 また、ドコモのジェスチャーによる通話操作機能「スグ電」も進化。従来ではスマホを振った後に耳に当てると左右それぞれに割り振られた特定の連絡先に発信できましたが、XZでは振ったあとに通話履歴画面が表示されるようになるため、より多くの人に発信することが可能に。

プラチナ

 また、机などの平らな場所に下向きに置くと終話することができましたが、XZではそれに加え、2回振ることでも終話、消音、拒否といった操作を行うことができるようになりました。

 そのほかの新機能は、全キャリア共通。暗所でもピントを合わせやすいレーザーAFと、より適切なホワイトバランスにあわせられるRGBC-IRセンサーを搭載した背面2300万画素カメラ。2年間使っても劣化しにくい長寿命バッテリーなどを搭載しています。

 カラーバリエーションは、フォレストブルー、プラチナ、ミネラルブラック、ディープピンクの4色。色に深みを出すため、特製のメタル素材を採用。そのため、FeliCa用のアンテナはX Performance同様に、正面上部に配置されています。

 撮ったキレイな写真や動画をすぐにアップしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ミネラルブラック
ディープピンク

端末ハンズオン画像

ドコモ「Xperia XZ SO-01J」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 5.2型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約72×146×8.1mm
重量 約161g
CPU Snapdragon 820
2.2GHz+1.6GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 6.0
最大通信速度 下り最大500Mbps
対応バンド LTE:1/3/4/5/7/12
/13/17/19/21/28
/38/39/40/41
W-CDMA:1/5/6/19
ドコモ対応周波数 2GHz/1.5GHz/1.7GHz
/800MHz/700MHz
キャリアアグリゲーション ○(2GHz+1.7GHz+800MHz、256QAM対応)
VoLTE ○(HD+)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:2300万画素(F値2.0)
/イン:1320万画素
バッテリー容量 2900mAh(交換不可)
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ○(録画対応)/○(録画対応)
赤外線通信 ×
防水/防塵 IPX5,8/IP6X
生体認証 ○(指紋認証)
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(LTE/3G) 約590時間/約650時間
連続通話時間(LTE/3G) 約1350分/約850分
カラバリ Forest Blue、Platinum、Mineral Black、Deep Pink
発売時期 11月上旬

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン