このページの本文へ

【ドコモ2016冬春】Xperia XZにコンパクトXperiaも! ドコモ独自の「MONO」にも注目!第5回

シンプルなデザインに練られた機能のドコモの格安オリジナル機「MONO」

2016年10月19日 11時24分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シンプルでも機能十分 ハードキーでマナーモードに
ドコモ「MONO MO-01J」

 ドコモオリジナルのミドルクラス端末として、冬モデルから新たにラインナップに加わった「MONO MO-01J」(ZTE製)。1年間の利用が前提となる端末購入サポート利用時に1000円以下での価格が予定されているが、VoLTEやスグ電といった便利機能や防水・防塵にも対応したコスパ良しのミドルレンジモデルだ。

 目を引く機能として、ハードキーによるマナーモードスイッチがある。iPhoneでは以前からあるスイッチだが、ドコモのAndroidスマホに搭載されたのは初となる。映画や会議が始まる前などに、画面を見ずにマナーモードに切り替えられるのはうれしい。また、このキーは防水対応で隙間から水が入る心配もない。

 スペックを見てみると、ディスプレーは720×1280ドットの4.7型液晶、CPUはSnapdragon 617(オクタコア)、メモリー2GB、内蔵ストレージは16GB、サイズは約69×136×8.8mm、重さ138gとミドルクラスのコンパクトモデル。ただし、FeliCaや指紋センサーは非搭載。

 カラバリはWhiteとBlackの2色。発売は12月上旬予定だ。

カラバリのWhiteは清潔感もあり、デザインのシンプルさが際立つ
Blackは落ち着いたシックな色なので男性に人気が出そう

端末ハンズオン画像

ドコモ「MONO MO-01J」の主なスペック
メーカー ZTE
ディスプレー 4.7型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約69×136×8.8mm
重量 約138g
CPU Snapdragon 617
1.5GHz+1.2GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC(最大128GB)
OS Android 6.0
最大通信速度 下り最大150Mbps
対応バンド LTE:1/3/19/21
W-CDMA:1/5/6/19
ドコモ対応周波数 2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
キャリアアグリゲーション ×
VoLTE
無線LAN IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz対応)
カメラ画素数 リア:1330万画素
/イン:490万画素
バッテリー容量 2440mAh
FeliCa/NFC ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×
赤外線通信 ×
防水/防塵 IPX7/IP5X
生体認証 ×
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(LTE/3G) 約580時間/約410時間
連続通話時間(LTE/3G) 約620分/約710分
カラバリ Black、White
発売時期 12月上旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン