このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

初めての黒いボンテージで刺激的に誘惑。Fカップの“蓮根グラドル”林 美佐

2016年07月21日 19時00分更新

文● 清水、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 農業+グラビアの異色コラボ! “蓮根グラドル”として活躍中の林 美佐さんが、5th DVD「みさいろトリップ」(発売:スパイスビジュアル/4104円)の発売記念イベントを7月18日、秋葉原のソフマップモバイル館で行なった。

 まずは蓮根グラドルというフレーズの説明から。愛知県出身の林さんは、蓮根が名産の愛西市を拠点に活動する農業バンド「トランスファーマー」に参加。昨年はイタリアで開催されたミラノ国際博覧会(ミラノ万博)の日本館ステージで歌うといった実績も積んでいる。グラビアでも90cm・Fカップのバストや、あどけない表情を持ち味に活動。農業属性の現役グラビアアイドルというのは、めずらしいのではないだろうか。

――5th DVDの紹介をお願いします。

【林 美佐】4月にバリ島で撮影をしたのですが、初めて行く憧れの場所だったので、感動的な笑顔が撮れたと思います。

――ジャケットの写真などは、笑顔だけど大胆な水着ですね。

【林 美佐】ハイレグの競泳水着です。今年12月で26歳になるので、OLの格好だったり、肌を密着させた肌色水着でのシャワーシーンなど、ちょっと大人っぽい雰囲気の映像も混ぜています。

――おすすめのシーンは?

【林 美佐】初めて挑戦した黒いボンテージです。ずっとレザー系の衣装を着てみたかったんですよ。かっこいい衣装が似合う年頃になってきたかなと(笑)。胸やお尻を揺らしてダンスをしていて、すごく刺激的なシーンになっています。

 今後も歌やグラビアの活動をしていく予定。時期はまだ未定だが、年内には新しい歌の発表なども行なうとのこと。ブログやツイッターなどでの発表を待ちたい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ