このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 第85回

スクリプトが使えるiPhone用テキストエディタ「Textwell」を徹底紹介

2016年06月29日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 忙しいビジネスパーソンにとって、すきま時間の有効活用は重要な課題。情報収集に努めるのもいいのだが、アウトプットを実行し、PC前での操作を軽減するのも手。とは言え、標準の「メモ」アプリでは機能が貧弱すぎて、本当にメモしか取れない。そこでオススメなのが、JavaScriptベースの「アクション」で豊富な機能を実現した高機能テキストエディター。今回は「Textwell」の使い方を徹底紹介する。

「Textwell」ならスマホで文書を快適に作成でき、さらにさまざまな方法で共有できる

見た目は単機能のノートアプリにしか見えないが・・・・・・

 「Textwell」アプリを起動すると、空のノートとキーボードが表示され、標準の「メモ」アプリと変わらない見た目。入力する際も特に変わりはない。それどころか「メモ」では可能なフリーハンドライティングはできないし、写真の貼り付けボタンもない。

 まずは、慌てずに。「Textwell」はジェスチャーを覚えないとまともに使えないアプリなのだ。適当な文章を入力して、画面を左右になぞってみよう。カーソルが動きに合わせて移動するのがわかるはず。さらに、二本指でなぞると上下左右、自由な場所にカーソルを移動できる。キーボードに矢印キーがないiPhoneユーザーはわかると思うが、この機能は超絶便利だ。

 文字列の選択も快適だ。ダブルタップすると、その単語が選択状態になるのは同じだが、その状態で左右にスライドすると、選択範囲が自由に変更できるのだ。便利すぎて、iOSの標準機能にないのが不思議なくらいだ。

 画面を横にごしごしこすると、テキストの全消去が可能。もちろん、確認ダイアログが出るので誤操作せずに済む。動作は軽快で、高速入力でももたつくことがない。

Textwell App
価格360円 作者Sociomedia
バージョン1.5.4 ファイル容量3.3 MB
カテゴリー仕事効率化 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 9.0以降

アプリ起動時は普通のメモアプリみたい

指を左右にスライドさせると、カーソルも左右に動く

二本指で画面をなぞると、上下左右にカーソルを移動できる

ダブルタップで単語を選択し、左右スライドで選択範囲を調整できる

画面をごしごしとこすると、テキストの全消去ができる

JavaScriptベースの「アクション」が便利すぎる

 「Textwell」の最大のウリが「アクション」だ。JavaScriptで記載された機能が多数登録されており、さまざまな機能が利用できる。メインの執筆画面にほとんど操作ボタンがないのもそのため。左上のアイコンをタップするか、画面左端から右にエッジスワイプするとアクションメニューを表示できる。

 まずは、テキストエディターで重要機能なのに、なかなかできない文字の大きさ変更を実行してみよう。画面左端からスワイプしてメニューを開き、「Change Font Size」を選択する。すると、文書編集画面に戻り、「最小」~「最大」まで5段階の選択肢が表示されるので変更できる。文字が見にくいなら大きくすればいいが、オススメなのは最小。スマホの小さい画面でキーボードが下半分を占拠しても相当量の文章は表示できる。スマホでの入力はドラフトと割り切れば、効率的に入力できるので便利だ。

アクション一覧を開き、「Change Font Size」を選択

フォントサイズを選択する

左が最大、右が最小のサイズ。表示できる文章量が格段に異なる

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン