このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー 第50回

SSD/HDD→SSD/HDDへのデータお引越しに便利な“裸族の頭”引越キット

2016年06月29日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
裸族の頭 HDD/SSD 引越キット(CRAHK25U3)

裸族の頭 HDD/SSD 引越キット(CRAHK25U3)

 定期的に訪れるストレージの換装。システムドライブのクローンコピーはとくに面倒だが、ファイルのバックアップや再設定の手間が省けるため、いずれ使用するにしても、引越し用のキットはもっておきたい。

 そこで今回は、コンパクトで邪魔にならない引越キットである「裸族の頭 HDD/SSD 引越キット(CRAHK25U3)」をチェックしよう。裸族シリーズでおなじみの剥き出しスタイルだが、とても小便利なもので、現在メーカーの在庫が切れかけるほど売れているようだ。実売価格は3500円前後。

使用するPCのUSB 3.0ホストコントローラーを確認する必要アリ

付属のUSB 3.0ケーブルと本体

付属のUSB 3.0ケーブルと本体。専用キャリングポーチも付属する

 裸族の頭 HDD/SSD 引越キットは、HDD/SSDからSSDへのコピーを前提にした周辺機器で、幅70×奥行き16×高さ10mmとアダプターらしいコンパクトサイズとなっている。

 片側にSATA端子があり、SATA I/II/3.0(1.5/3.0/6Gbps)に対応し、もう片側にはUSB 3.0ポートがある。使用方法としては、コピーしたい先のSSDをSATA接続し、コピー元となるPCにはUSB接続するといったもので、付属するアプリケーション「CloneDrive 2」を使用して、ストレージ間のデータコピーを実現する仕様だ。

 CloneDrive 2の操作はとても単純なので解説を割愛するが、注意点のほうが重要になるだろう。

USB 3.0ホストコントローラーの事前チェックは必須。ただだいたいはIntel系チップセットになるほか、古いPCであっても動作確認済みのホストコントローラであることが多い

USB 3.0ホストコントローラーの事前チェックは必須。ただだいたいはIntel系チップセットになるほか、古いPCであっても動作確認済みのホストコントローラであることが多い

 まずUSB 3.0ホストコントローラー。これはIntel Z97/H87/Z77チップセット内蔵USB 3.0ホストコントローラーと製品仕様書にあり、Intelチップセット搭載機を推奨している。

 また、RENESAS (NEC) μPD72020x USB3.0ホストコントローラー、ETron EJ168 USB3.0ホストコントローラー、Frescologic FL1100 USB3.0ホストコントローラー、Asmedia Asm 1042 USB3.0ホストコントローラー、VLI VL800 USB3.0ホストコントローラーも動作確認済みのリストに掲載されているため、大半の場合でまずOKという判断でいいだろう。

 ただ、今回Etron EJ168を採用する「GA-990FXA-UD5」での検証の際、ハングアップを確認している。このときはリトライで済み、コピー先のデータ内容も問題なかったのだが、AMD系チップセットの場合は、そういう可能性があることを念頭に置いておくといいだろう。

 次に対応するSSD/HDD。MLC/TCLの2.5インチSATA SSDに対応しており、SLCは動作保証対象外になっている。

 また1.8インチやZIFコネクタ、3.3V駆動のSSDにも非対応だ。HDDの場合は、3.3V駆動の2.5インチHDDは動作しない。上記のSSDもだが、USBからの電源供給がネックとなっている。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン