このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2016レポート 第47回

MADOSMAの最新モデル「MADOSMA Q601」をチェック

マイクロソフトがWindows 10スマホをCOMPUTEXで展示

2016年06月06日 19時59分更新

文● 中山智 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2016で、マイクロソフトは自社ブースにてWindows 10 Moile(W10M)搭載スマホを展示。会期に合わせて新発表された端末はないものの、最新のW10Mスマホがチェックできるようになっていた。

マイクロソフトブースのWindows 10 Moileスマホコーナー

 展示されていたモデルは6つで、マウスコンピューターの「MADOSMA Q601」をはじめVAIOの「VAIO Phone Biz」、トリニティの「NuAns NEO」と日本メーカーが半数。海外メーカー製は、マイクロソフトの「Lumia 950」と「Lumia 950XL」、エイサーの「Liquid Jade Primo」が展示されていた。

Continuumのデモは、エイサーの「Liquid Jade Primo」が使われていた

 展示されていた6モデルのうち、未発売なのはマウスコンピューターの「MADOSMA Q601」のみで、CPUはContinuum対応のSnapdragon 617、メモリーは3GBとなっており、ディスプレーサイズは6インチ(1080×1920ドット)という基本スペック。

 MADOSMA Q601は2月にスペインで開かれたMWCでも展示されていたが、マウスコンピューターによると、そのときに展示されたものよりもブラッシュアップされており、より製品版に近い端末が展示されているとのこと。

マウスコンピューターのMADOSMA Q601

背面素材はアルミを採用しバックパネルは取り外せない

右側面には電源ボタンとSIMトレー。ボリュームボタンは左側面に装備

 実際に端末に触ってみると、画面のスクロールや切り替え、アプリの起動などがスムーズになっている。現在はマルチバンドの調整中とのことで、近日中にも発売日等の正式発表がありそうだ。

メインカメラは1300万画素

技適表示もあり、発売が近いことがうかがえる

VAIOのVAIO Phone Biz

トリニティのNuAns NEO

 日本メーカーの参入は増えたものの、MWCから連続して展示モデルにほとんど変化がなく、2015年のCOMPUTEXではこの倍以上のモデルが展示されていたことを考えると、W10M登載スマホの展開が気になるところ。

 マイクロソフト自体のスマートフォンへの取り組みも不透明になってきており、今後のマイクロソフトとメーカーの動向に注目だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン