このページの本文へ

週間リスキー第59回

Why Japanese Peopleだってサムスン純正アクセサリーが使たいシリーズ最終回

日本版Galaxy S7 edgeで(日本では出ない)QWERTY Keybord Coverは使えるか?:週間リスキー

2016年05月14日 11時00分更新

文● ACCN

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

※週間リスキーはアックン・オッペンハイマーが好き者の同士にお届けする、たいへんマニアックな情報を扱うコーナーです。フツーにお暮らしの方は、ご遠慮ください。

 ドコモとauから発売される今夏最注目スマホ「Galaxy S7 edge」ですが、残念ながら国内ではサムスン純正アクセサリーの多くが発売されそうにありません、今に始まったことではありませんが。今回は注目度も高いですし、ホントはやるべきと思います。いろいろとオトナの事情があるとは思いますけれど、こういったモノすべてひっくるめ“Galaxyワールド”ですからね。そう思いません? あ、聞いてない……では、進めます。

 今回はお待ちかね「QWERTY Keybord Cover」。

EXPANSYS JAPANで6885円
S6 edgeであったモノとほぼ同じ仕様ですね
パカっと外れます
電源を一切用いず、静電で画面をポチポチする仕様
装着するとこのように
なんか、Palmで昔こんなのありましたよね
BlackBerry Privと比較。キーピッチはむしろある感じです

 とっても打ちやすいんですけど、日本版で使えるでしょうか? 結果はS6 edgeのとき同様で、やはりスクリーンとどうしても合わないんですよね……。これはサムスン側で日本語に対応しないことにはどうにもならないでしょう。

QWERTYにしても位置がまったく合わないため、違う文字が入力されてしまう…

 以前、ポケゲーH野さんがNote 5で無理矢理やってた方法で、少しはなんとかなるかもしれませんが、実用には至らないかと。いいモノなのに、ホントもったいない。

 ところで前回、「LED View Cover」が国内モデルで使えるか検証しましたが、その後au版で試したら、どうも挙動が違ったんですよね。まぁ(日本版で)使えないことには変わらないのですが、画面がオフにすらならない。どちらも発売前の開発機ですし、そーゆーややこしい状況下での検証であることを踏まえてうえで、よろしくお願いしますね(リスキーというかACCNは一切の苦情等を受け付けいないことで有名です)。

左のグローバル版にはアクセサリの項目があり、au版にはありません。ただ、ドコモ版にはあったんです(製品版ではわかりませんよ)

 では、ほかのアクセサリーもちょっと試してみましょかね。まず「FAST CHARGE PAD」はどうか。グローバル版ではアクセサリ設定でこの機能をEnableにするかオン・オフできたのですが……。

おっ、au版でも高速ワイヤレス充電できました!

 見えないところで、設定が生きている模様。ってゆーかー、コレこそホント出さないとダメっすよねぇ……。アテクシは2基も取り寄せましたよ。だば、最後にもいっちょ。「LETHER COVER」ま、コレはただのケースなんで。

EXPANSYSで3980円
内側は既視感あるスエード調…
装着するとこんな感じ
カラーはコチラのブラックのほかにブラウンもございます

 コレもなかなかいいデキなんですよね、オリジナリティーには欠きますが。海外旅行のお土産にピッタリですね、ハカセ。

実はマニュアルには日本語表記があったり…

 いじょ。サムスンが死ぬほど気合を入れてつくったGalaxy S7 edgeは、アクセサリーの完成度もコレまた極めて高い。カメラ機能を使いこなすには、レンズカバーも是非入手していただきたいところ(日本版でも使えます)。Keybordカバーを除く“フタが付かない系のカバー”と充電台は日本版でも使えると覚えておけば大丈夫かと思いますので、あとはEXPANSYSでウンウン唸ってくださいまし。

●関連サイト
EXPANSYS JAPAN「Galaxy S7 edge対応アクセサリ」

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン