このページの本文へ

週間リスキー第114回

Galaxy S8/S8+でも、山根博士恒例の純正アクセサリーチェック

物理QWERTYキーボードカバーの夢を再び! Galaxy S8で日本語入力はできるのか?

2017年05月04日 17時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

※週間リスキーはテクノロジーとサブカルチャーの交差点から「ずっと、やんちゃデジタル」な切り口で情報をお届けする、たいへんマニアックなコーナーとなっております。初見の方はご注意ください。

 Galaxy Sシリーズの純正カバーはさまざまなものが出てきていますが、注目なのはこちらのキーボードカバー。「Galaxy Note 5」や「Galaxy S7 edge」など、ここ数年のモデル向けに必ず用意されてきた製品です。

端末より先にキーボードカバーを先に購入!
積み重ねてきた悔しさを胸に韓国へ

 「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」にも、もちろん用意されていて、先日の韓国での端末販売初日にはキーボードカバーだけを先に買っちゃいました。

韓国でさっそく買ってきたキーボードカバー

 このキーボードの動作を試したく、再びすぐにソウルへ! もちろんGalaxy S8にキーボードカバーを付け、サクサクと日本語を打ってみたいからです。

 販売初日は試せる端末が無く、お店にある展示品は盗難防止用の端子とワイヤーが付いているのでケースをはめることができませんでした。

展示品は豊富、しかし、盗難防止端子がついていてカバーを試せない

 実は、このキーボードカバーには筆者も泣かされて続けてきました。グローバル版や香港版、韓国版のGalaxy Sシリーズは日本語ロケールが入っており、日本語表示にもなります。キーボードカバーを付けると英語や中国語や韓国語の入力が可能です。

 ところが、日本語は入力できないという、悲しい仕様になっているのです。そのあたりは、過去記事でその嘆きを感じてください。

 筆者は携帯電話研究家という立場から、サムスン関係者に「キーボードカバーで日本語を!」と訴え続けてきました。Galaxy S8はこれまでのスマートフォンの常識を変える端末と、サムスンもかなりの意気込みで開発した製品です。今度こそキーボードカバーで日本語が打てるようになっているに違いありません!

頼むぞキーボードカバー

実際に装着! キーボード設定を確認

 ということで、韓国版のGalaxy S8+を現地で準備。さっそくキーボードカバーを装着してみます。もちろん念のため、Galaxy S8+の言語は日本語に変更してあります。設定でNFCをオンにして、カバー部分を本体の背面に装着します。

キーボード装着前。この時点でドキドキしてしまう

 そして、キーボードを装着。この一体感、いいですね。S8/S8+はディスプレーが縦長になったために、キーボードを付けても表示部分は広く、タッチパネルとして使い続けられます。

 キーボードは韓国語版のためハングルの字母が印字されていますが、キーは押しやすく「BlackBerryレベル」とまではいかないものの、長文入力も問題なさそう。

キーボードを装着しても一体感は損なわれないキーボードの拡大。キーのクリック感は悪くない

 ここでいったんキーボードを外して設定画面からキーボード周りを確認。日本語が入力できる状況になっています。ここでキーボードを装着してみましょう。

キーボード未装着。日本語が入力可能な状態キーボードを装着する

 すると「日本語」の表示がグレーに。つ、つまり、やっぱりGalaxy S8+でもキーボードカバーを付けた状態で日本語は打てないということのようです(号泣)。

日本語の表示がグレー(選択不可)になってしまった

 見にくいので拡大で。キーボード装着前後で、日本語が使えなくなっちゃうのです。

キーボード装着前キーボード装着後

今回も日本語入力は不可
それでも、夢は諦めない

 ほかのメーカーなら絶対に出さない、QWERTYキーボードカバーを今回も発売してくれたサムスン。しかし、日本語入力の夢はまたしても崩れ去ってしまいました。

 もしかしたら、今後のファームウェアアップデートで日本語入力への対応が期待でいるかもしれません。しかし、それが実現するのか、あるいはいつになるのかはまったくわからないのです。

 いまやフリック入力でも長文が打てる時代です。しかし、縦長ディスプレーが特徴的なGalaxy S8/S8+だけに、キーボードを付けてもディスプレー部分を有効利用できます。

 日本語入力の夢はまだ捨てきれずに、今後は端末のアップデートをマメにチェックしていきたいと思います。

キーボードで日本語を打てる日は来るのだろうか?その日を我々は待ち続ける……

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン