このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ちゅーやんの「寝ても覚めてもゲームまみれ」第107回

ツアー真っ最中!BRA★BRA FINAL FANTASYレポート

ファイナルファンタジー植松伸夫氏「みんな意外とCD買ってない」

2016年05月10日 19時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どうも。ゲーム担当の人 ちゅーやんです。
 ゴールデンウィークは家に引きこもっていました。ほとんど外に出ていません。予定どおりです。しかし、唯一外に出たのが5月7日。そう、東京・上野にある東京文化会館で開催したコンサートを聴きに行きました。

FINAL FANTASYの名曲が吹奏楽で生まれ変わる

 スクウェア・エニックスの看板タイトルのひとつ「FINAL FANTASY」。グラフィックやシステム、ストーリーなど世界的に人気のシリーズ。そして、欠かせないのがBGM。ゲーム音楽ですよ。みんな大好き「片翼の天使」とかのね。

 そんなFFの音楽が吹奏楽になって生まれ変わりました。FF音楽の父である植松伸夫氏とプロの吹奏楽団「シエナ・ウインド・オーケストラ」(シエナ)による全国ツアー「BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO 2016 with Siena Wind Orchestra」(BBFF2)が4月29日より始まっています。

 本記事では、東京公演の模様をレポートさせていただきます。

東京公演は6月にもありますよ

聴くだけではなく参加もできる

 演奏した曲目はFF1~FF10までの楽曲の中で、植松伸夫氏が手がけたモノ。「死闘【FINAL FANTASY VI】」「星降る峡谷【FINAL FANTASY VII】」「ハンターチャンス【FINAL FANTASY IX】」「ザナルカンドにて【FINAL FANTASY X】」「片翼の天使【FINAL FANTASY VII】」などなど。

 私自身、いくつかのゲーム音楽コンサートを聴きに行きましたが、BBFF2はほかのコンサートやオーケストラとは異なる要素があるのですよ。

 それは、観客も演奏に参加できるということ。

 楽器を会場にもっていけば、特定の楽曲に限りプロの吹奏楽団といっしょに演奏できます。今回の東京公演では「FFメインテーマ【FINAL FANTASY シリーズ】」「マンボ de チョコボ【FINAL FANTASY V】」が観客参加できる楽曲でした。

ステージに登壇してプロといっしょに演奏

 また、セットリストのひとつ「FFモーグリのテーマ【FINAL FANTASY V】」では会場全体で手拍子などのボディーパーカッションを行なうシーンも。

格式高いクラシックとは一風変わったコンサート

 公演終了後、製作総指揮をとった植松伸夫氏に囲み取材を行なえました。もうね、ゲーム音楽好きとしてはたまらんのですよ!

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ