• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • PS5用カバーのカラーバリエーション「スターライト ブルー」「ギャラクティック パープル」「ノヴァ ピンク」が2022年6月17日に発売決定

  • Switch『那由多の軌跡 アド・アストラ』の発売日が5月26日に決定!

  • 戦は出陣の前から始まっている。『信長の野望・新生』のシステム紹介動画・第3弾「戦の準備」が公開

  • Switch/PS4『ANONYMOUS;CODE』のゲームオープニングムービーが公開!新たに4人のキャラクターも

  • ゲームアプリ『五等分の花嫁』にて新イベント「五つ子ちゃんのVRゲームは、今だけ三玖のために ~私とデート、してほしいの~」が5月20日より開催!

  • 『FFオリジン』が1週間限定で25%オフセール!セーブデータを引き継げる体験版も配信中

  • GPU内蔵CPUでフルHDで30fpsを維持! 『Winning Post 9 2022』をAMD「Ryzen 7 5700G」で遊んでみた

  • “ありったけ”をぶつけろ!『モンハンライズ:サンブレイク』の「弓/チャージアックス/ガンランス/狩猟笛」を紹介する映像が解禁

  • PS4/Switch『デジモンサヴァイブ』はテキストアドベンチャー主軸の物語重視の作品。タクティクスバトルの詳細も判明!

  • 4Kでも平均138fps以上!高評価のアクションRPG「TUNIC」を「Ryzen 7 5700G」&「Radeon RX 6700 XT」で遊んでみた

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022May

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

スマホゲームを遊ぶときはイヤホンをしようぜ

ゲーム音楽好きがハマった2015年スマホゲーム オススメBGM4選

2015年12月31日 18時00分更新

文● ちゅーやん

 ゲーム音楽はゲームを彩る副菜ではなく主菜であると筆者は考えている。スマホゲームを遊ぶときはBGMを聴かないという人も少なくないと思うが、それはもったいない。
 ゲームの世界観やその場の雰囲気を伝えるためにBGMがあるので、ぜひともイヤホンを挿しながら聴いて欲しい。

 さて、2015年も間もなく終わるわけだが、今年も「これでもか!」と言うほどiOS/Android向けのゲームアプリが配信された。筆者自身も今年も相当な数のゲームを遊んだわけだが、遊んだゲームの中から「ゲーム音楽」に着目してオススメのゲームを紹介しよう。
 紹介するのは2015年に配信開始したiOS/Android向けの基本無料のアプリだ。

ステージが進むごとに盛り上がるペルソナのような演出

 まず最初に紹介するのはモブキャストの「【18】 キミト ツナガル パズル」。(iOS/Android
 “夢世界”に囚われた“夢見る者たち”を助けるパズルRPG。ゲームのシステムは同じ色のパネルを3個以上繋げて消し、敵に攻撃する。

 本作のBGMに対する力のいれっぷりは目を見張るものがある。ゲームを起動すると注意書き的なモノで「このアプリはサウンドをオンにしてのゲームプレイをオススメしています」と表示が出る。サウンドへの想いが全面に押し出されているのがわかるハズだ。

もちろんほかのゲームもイヤホン推奨でよろしく。

 このゲームの魅力はステージを進行していくごとに“楽器が増えていく”というところ。特に夢世界に囚われた人を救出する各エリアのボスのステージでは、ボス戦ではなんとボーカル付き。

 中でも一番好きなのは第一エリアの道中~ボス戦にかかる「New World」という曲。

【18】 キミト ツナガル パズル
楽曲名:New World
作曲者:Takako.Ishida
歌詞/歌:BambooHorseChild

まさに“どんどん次に進みたくなる”という演出

 英語で女性ボーカルでポップな曲調ということで、ペルソナっぽい楽曲を楽しめる。もちろん正確に言えば全然違うわけだが。
 ただ、ゲーム音楽好きはペルソナのBGMが好きな人は多いだろう。特に「ペルソナ4」の「Reach Out To The Truth」などは某ランキングでも上位に組み込むわけで。
 なので、ペルソナシリーズのBGMが好きな人にはマジでオススメ。個人的にBGMを含めた演出面では遊んだアプリで一番好き。

 ちなみに先日行なわれたリアルイベントでサントラをノベルティーとして配布したようだ。サントラを貰いそびれたのは今年一番の失態かもしれない。

チュートリアルのボス戦で一気に世界に引きこまれた

 スマホで遊べるMMORPGを大量に排出しているのがアソビモ。そんなアソビモも2015年を代表するゲームは「トーラムオンライン」だ。(iOS/Android
 3DMMOPRGということで、「アヴァベルオンライン」や「イザナギオンライン」などと同メーカーのタイトルと比べると操作面はもっともシンプル。攻撃も基本的にオートで遊べる。
 アソビモのゲーム音楽は透明感があって綺麗なBGMの印象が強い(中には重厚なものもあるけど)。そういった意味ではアソビモを代表するようなBGMが「トーラムオンライン」でプレイ後すぐに聴くことができる。チュートリアルでのボス「フォレストウルフ」のBGMだ。

アソビモタイトル内での戦闘BGMはトーラムが一番きれいかも。

トーラムオンライン
楽曲名:フォレストウルフ
作曲者:小山健太郎

 某かわいい女の子いっぱいのシューティングゲームを彷彿とさせるようなBGMだが、森のなかで戦うシーンにぴったり合っている。
 ゲームを遊び始めていきなりのボス戦で中々じっくり聴く暇が無いかもしれないが、一度落ち着いて攻撃するのを控えて聴き込みたくなるほどのつくり。
 筆者だけでなく、ユーザーからも人気なようで、以前行なったトーラムオンライン内でのゲームBGMへのアンケートで1位を獲得している。(外部サイト

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう