このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 第77回

iPhoneで24時間無料動画視聴、サイバーエージェントとテレビ朝日が手がける「Abema TV」を徹底解説

2016年04月14日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

操作はサクサク、画質は良好、コメント機能も搭載

 アプリを起動すると、いきなり番組が再生される。オンデマンドのアプリと異なり、いかにもテレビのような使い勝手だ。チャンネルこそ自分で選べるものの、流れてくる番組を見るだけなので、頭も使わないし、手間もかからなくていい。Wi-Fiにつなぐなどして通信速度が確保されているなら、画質は上々だ。

 メインの画面のほかに、左右に隣のチャンネルも少し映っているのだが、実はこれも動いている。そのため、左右にスライドさせてチャンネルを変えてもシームレスに表示されるのだ。この動きが非常にスムーズで、とりあえずスタートしましたという感じではなく、本気でユーザーを獲得しに来ていると納得した。

 コメント機能も搭載されている。Twitterアカウントでつぶやくと、動画のコメント欄に表示されるのだ。これはニコニコ動画でおなじみの機能だ。

画面下の番組名をタップしたり、左右スライドでチャンネルを切り替えると、一瞬視聴数が表示される

番組をスライドしてもスムーズに再生されるのがテレビっぽい

右下のアイコンをタップするとコメント投稿フォームが開く

Twitterアカウントに投稿する

コメントが登録された

番組表を見て気になる番組をチェック

 番組表はテレビ欄と同じような構成だが、20チャンネルあるのでなかなか壮観だ。オンエア中の番組なら視聴できるし、時間前ならチェックして通知を受け取ることができる。

 AirPlayはメニューは表示され、つながるものの正常に再生できなかった。メインの画面に加え、両隣のチャンネルも読み込んでいるのをうまく処理できていないようだった。「ミラーリング」にすれば再生できることもあったが、今度はアプリが固まることもあった。もちろん、今後AirPlayやChromeCastを始めApple TVや各種タブレット端末にも対応する予定という。なお、大画面テレビに映った画質は、文句なし。AirPlayなどに対応すれば、気になる番組はリビングで見るといった使い方も普及しそうだ。

左上のアイコンもしくはメニューから「番組表」を開く

番組をタップするとタイトルがポップアップする

チェックした番組の放映時間が近づくと通知が来る

通知をチェックした番組を確認できる

「設定」は画質設定のみとシンプル

画質設定は5段階と自動の6種類が用意されている。通常は「自動で最適化」にしておけばいいだろう

「AirPlay」は正常に表示されなかった

 Abema TVは無料で利用できるが、有料のプレミアムプランも用意されている。月額960円で、オンデマンドでの再生が可能になる。ただ、iOSアプリではまだ対応していないようだ。とはいえ、多くのユーザーは無料での利用になるだろう。

 「AbemaTV」はとにかくサクサク、ぬるぬる動くので、使っていて気持ちがいい。動画サービスのアプリとしては珍しいほどだ。さらに完全無料というのもいい。コンテンツは大満足というわけではないが、テレビ朝日が組んでいるので、今後どんどん充実していきそう。藤田氏が言うように「AbemaTV」が神アプリであることは間違いない。暇なときにダウンロードして、気軽に試してみることをオススメする。暇つぶしアプリの一つになることは間違いないだろう。


筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン