このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」第80回

PocketやEvernoteの死蔵記事をスマート管理する「StockMark」を徹底紹介

2016年05月11日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 単なるブックマーク機能からソーシャルブックマーク、Evernote、Pocketをはじめ、TwitterなどのSNS、キュレーションサイトまで情報収集ツールの選択肢は数えきれない。全てのアプリを使いこなすのも手間がかかるところ。そこでお勧めなのが、「StockMark」。PocketやEvernoteの死蔵記事をスマートに管理し、自動整理機能や自動要約機能により手軽に大量の情報を得ることができる神アプリだ。今回は「StockMark」の使い方を紹介する。

「StockMark」で膨大な情報を見逃さずにチェックする!

PocketやEvernoteに登録したウェブサイトを連携する

 ウェブやキュレーションアプリを見ていて、気になる記事があったらPocketやEvernoteに登録している、という人は多いのではないだろうか。同時に、積ん読状態になっている人もまた多いことと思う。そこでオススメしたいのが「StockMark」だ。新しいスタイルのブックマーク管理アプリで、独自のアルゴリズムで手軽に積ん読状態を解消できるのがウリ。

 ブックマークアプリやニュースアプリに似たUIなので使うだけなら簡単だが、機能が多いので、順に説明していく。まずは、一番の目玉である、PocketやEvernoteと連携させよう。

アプリが起動したら、チュートリアルに目を通そう
メイン画面が開いたら、左上のメニューから「設定」を開く「Pocketと連携」や「Evernoteと連携」をタップする
連携を許可する積ん読状態だったウェブサイトが表示された

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン