このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」第61回

世界のソーシャルメディアはトップ5のうち2つが中国向け

SNS・メッセージアプリ共々Facebookが掌握! 国内はLINE・Twitter・FBが3強

2016年03月21日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『そういえば、あの業界のシェアは結局どこが一番多いんだっけ……?』
そんな疑問を抱いたことがあるすべてのビジネスマンに捧ぐ連載。仕事でも利用できる業界ランキングや業界地図を私、高橋暁子が手っ取り早く紹介します。<連載目次>

日本ではLINE>Twitter>Facebook

 当連載は今回が最終回となる。記念として、第1回で取り上げたFacebook・Twitter・Instagramなどソーシャルメディアの最新シェアと共に、LINE・WhatsAppなどに代表されるメッセージアプリの動向を取り上げてみたい。ここ数年でどのような変化があったのだろうか。

 日本におけるソーシャルメディアの利用状況はどうなっているのか。ICT総研の「2015年度SNS利用動向調査」(2015年7月)によると、日本におけるSNS利用者は年々増加しており、2015年末には6451万人に達する。

 2014年末では6023万人だったので、1ヵ月平均で約36万人ずつ増えている計算になる。SNS利用者は元々10~20代の若年齢層が多かったが、SNSが広く普及したことで40~50代以上の年齢層にも拡大している。

 同社によると、72.9%が「人とのコミュニケーション」を行なう目的でSNSや通話・メールアプリを利用していると回答。サービスの利用率は、LINEが57.5%でトップ。続いてTwitterが36.6%、Facebookが34.7%、Skypeが11.4%、Google+が11.4%、Instagramが10.9%、mixiが10.1%となっていた。

 なお1年前にあたる2014年7月の調査では、LINEが47.6%でトップ。続いてTwitterが41.9%、Facebookが39.9%、mixiが19.7%、Skypeが18.8%、Google+が16.1%だった。

 LINEの利用率が約10%も伸びている一方、その他のSNSの利用率は減少傾向にある。そんななか、Instagramの利用率はその他から単独で扱われるまでに伸びており、今一番勢いがあるSNSと言えそうだ。

 やはり日本ではLINEがトップであり、TwitterとFacebookを入れた3つが3強と言っていいだろう。

大手SNSのアクティブユーザー数はFacebook・YouTubeが断トツ

 ここからは、代表的なSNSの近況を見ていこう。

■Facebook
 Facebookの発表によると、2015年12月31日時点での月間アクティブユーザー数は15億9000万人に上る。その前年は13億9000万人だったので、1年間で2億人増えたことになる。FacebookJapan代表取締役の長谷川晋氏によると、2015年12月時点での日本人のアクティブユーザー数は約2500万人だ。

■LINE
 LINEの媒体資料によると、LINEの月間アクティブユーザー数は2億1500万人以上。日本人のデイリーアクティブユーザー数は6800万人を超える。これは日本の人口の約53%をカバーする数字だ。毎日利用しているユーザーは、なんと70.8%にも上る。

■Twitter
 Twitterの発表によると、2015年12月時点での月間アクティブユーザー数は3億2000万人。このうち約1割が日本人ユーザーであり、日本人ユーザー数は3500万人に上るが、一人で複数のアカウントを使っている日本人は少なくないので、そのままユーザー数とは言えない可能性がある。

■YouTube
 YouTubeによると、YouTubeのユーザー数は10億人以上。これは世界のインターネット人口の約3分の1に当たる。1日あたりの動画視聴時間は数億時間、視聴回数は数十億回に上る。

■Instagram
 Instagram発表によると、執筆時点での月間アクティブユーザー数は4億人以上。3億人を突破した2014年12月からわずか9ヵ月後の2015年9月に4億人を突破したことになる。2015年12月時点での日本人のアクティブユーザー数は810万人であり、前年比2倍に増えている。

■LinkedIn
 ビジネス専用SNSであるLinkedInは、登録メンバーが4億1400万人以上。米国のユーザーは1億2400万人以上。日本人ユーザーは100万人以上となっている。日本人ユーザー数はあまり増えていないが、世界では着実にユーザー数を伸ばしている。

■Pinterest
 画像共有サービスであるPinterestは公式にはユーザー数を公開していない。米eMarketerによると、2015年の米国の月間アクティブユーザー数は、前年比11.4%増の4710万人。Pinterestの米国外ユーザーの割合は30%という。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ