このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」第55回

Yahoo!ボックスがシェアトップのDropboxを追う

無制限プラン続々廃止! オンラインストレージの今をチェック

2015年12月28日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『そういえば、あの業界のシェアは結局どこが一番多いんだっけ……?』
そんな疑問を抱いたことがあるすべてのビジネスマンに捧ぐ連載。仕事でも利用できる業界ランキングや業界地図を私、高橋暁子が手っ取り早く紹介します。<連載目次>

OneDrive、容量無制限撤廃で炎上

 皆さんはオンラインストレージサービスを利用しているだろうか。クラウドストレージとも呼ばれ、主にバックアップやファイル共有などで利用されることが多い。

 先日、米Microsoftがオンラインストレージサービス「OneDrive」において、Office 365登録ユーザーに提供してきた容量無制限プランを停止すると発表。さらに無料プランもこれまでの実質30GBから5GBへと大幅に縮小するとした。いきなりのサービス悪化にユーザー不満が噴出し、炎上騒ぎとなってしまった。

 OneDriveの無制限撤廃は、一部ユーザーが平均使用量の1万4000倍に達する75TBもの容量をバックアップ代わりに利用するなど、想定外の使い方をしたためだという。批判が殺到した結果、決定に不服なユーザーは全額払い戻しとし、無料プランユーザーもオプトインで15GBの無料容量が使い続けられるようになった。日本での状況はMicrosoft Office公式ブログにて告知されている。

結局OneDriveユーザーは無料で15GB使えることに

 ほかにもEvernoteの有料会員サービス「Evernoteプレミアム」、Yahoo!の「Yahoo!ボックス」、米サービスの「Bitcasa」など、無制限を謳ったプランが廃止している。最近は、ストレージの価格低下に合わせて容量を増加する傾向が強いが、容量無制限プランの継続はかなり難しいようだ。

 では、オンラインストレージサービスの利用状況やシェアについて見ていこう。

オンラインストレージサービスの無制限プラン廃止が続いている

オンラインストレージサービスの使い道は
PCを週3回以上バックアップ&スマホのバックアップ

 まず、オンラインストレージサービスの利用状況がわかる調査を紹介しよう。マイボイスコムの「データのバックアップ」に関するインターネット調査(2015年10月)によると、まず情報機器のツールやデータの消失経験は42.3%に上る。バックアップしているデータは「写真、画像」(73.5%)が最多であり、続いて「アドレス帳、電話帳、連絡先」(45.6%)などだった。

 パソコンのバックアップをとっている人は54.9%であり、バックアップをする際の保存先・方法は、「外付けハードディスク」「USBメモリ」が各4割弱、「パソコン内の別のハードディスク」「CD、DVD、BDなどのディスク」が2~3割。バックアップを週3回以上している人では、「クラウド・オンラインストレージサービス」の比率が高くなった。

 続いて、スマートフォンのバックアップをしている人は20.6%であり、保存先・方法は、「クラウド・オンラインストレージサービス」「SDカード、microSDカードなど」「パソコン内のハードディスク:iTunesやGoogleアカウントとの同期」「パソコン内のハードディスク:自分でコピー」が各2割強~3割で上位に挙がっている。

 オンラインストレージサービスは、主に週3回以上パソコンをバックアップしている人、スマートフォンのバックアップを取る人の2割に使われているというわけだ。

(次ページでは、「トップはDropbox、Yahoo!ボックスが続く」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ