このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 第151回

Bluetoothの限界と将来にイヤフォンの未来はある?

尻にスマホはダメ、完全ケーブルレスイヤフォン「EARIN」開発者語る

2016年03月13日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

おしりの右ポケットにスマホを入れてはダメ

―― 実際にしばらくEARINを試してみました。

ペア おお、どうでしたか?(親指を立てたり下を向けたりしながら)

―― (親指を上に向けながら)細部に渡ってよく考えられたデザインには感心しました。ただ、気になったことが2つあります。まず音像がたまに動くことです。

ペア フェージングですね?

―― はい。チャンネル間の遅延が原因だと思います。これはなぜ起きるのでしょう?

ペア これはBluetoothの技術を応用しているわけですが、ステレオ出力を左ユニットで受け、そこから特殊な方法で右ユニットへ分配して飛ばしています。Bluetoothの電波は人体を貫通しませんから、直線距離ではなく人体の周囲を這うように飛ぶ。そういった接続の関係で、多少ズレることはあります。実際に50マイクロ秒の遅延があることは測定しています。それ以上の遅れになると、バランスの違いとして感じるかもしれません。

―― それを技術的に改善する方法はありますか?

ペア 難しいですね。環境にもよると思うんです。いろんな電波が飛んでいるので、それが干渉している可能性もある。バッテリーの充電状態にもよります。ラボで実験はしますが、みなさんが使われている環境は違うし、デバイスをどう置くかによっても電波の飛び方も変わってくる。

―― では、ユーザーの努力で遅延を減らす方法はありますか?

ペア ベストなコネクションになるようにすることですね。たとえばスマートフォンをここに着けるとか(左肩にスマートフォンを貼り付ける)。

―― おお、なるほど。左ユニットに近いところにプレイヤーを持ってくると。

ペア 左ユニットに近づけるほど電波は強くなるので。いちばんダメなのはおしりの右ポケットです。距離が長くなって感度も落ちます。

―― もうひとつは、小さいのでなくしてしまう心配です。アプリに「EARINを探す」みたいなボタンを付けて、押せばピーピー鳴るようにできませんか?

ペア 市場からそうした要望もないですし、なくしたという声も聞いていません。ただ、可能性としてないことはないので、おっしゃったようなアプリで探す方法は考えられます。それより多いのはカプセルをなくすユーザーですね。本体を耳に装着すると、カプセルのことは忘れてしまうんです。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン