このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

行列のできる話題デジカメを触りまくる! CP+2016レポート

2016年02月25日 20時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
平日ながらかなりの賑わいとなった「CP+2016」
平日ながらかなりの賑わいとなった「CP+2016」

 2月25日に開幕したカメラ総合イベント「CP+2016」。会期前にほとんどのデジカメメーカーが新製品を発表したため、参考展示など目新しいものは少なかったが、それでも会場は大賑わい。初日は平日にも関わらず、長い行列を作るデジカメが多かった。

 そんな会場の様子を写真中心で紹介していこう。なお、2月28日まで開催しているので、気になる展示があれば足を運んでみていただきたい。

これまでに発表された注目のデジカメ新製品を触りまくる!

50分待ち、というリコー「PENTAX K-1」のタッチアンドトライコーナー 50分待ち、というリコー「PENTAX K-1」のタッチアンドトライコーナー
辛抱強く待って触りまくる。このマウントの中にフルサイズセンサーが入っている
辛抱強く待って触りまくる。このマウントの中にフルサイズセンサーが入っている
ぐりぐり動く背面モニター。センサーと同じ光軸で映像を確認できる いろんなところに仕掛けられたLEDライト
ぐりぐり動く背面モニター。センサーと同じ光軸で映像を確認できるいろんなところに仕掛けられたLEDライト
ブースにはスケルトンモデルも展示されている ブースにはスケルトンモデルも展示されている
こちらも行列ができていたシグマ「SIGMA sd Quattro H」
こちらも行列ができていたシグマ「SIGMA sd Quattro H」
sd Quattro H(左)とsd Quattro H(右)。撮像素子のサイズが異なる sd Quattro H(左)とsd Quattro H(右)。撮像素子のサイズが異なる
sd Quattro Hの背面
ニコンのデジタル一眼レフ最上位モデル「D5」も人気。動く被写体の連写体験も行なえる
もはや近づくことさえ難しい、キヤノンの「EOS-1D X MarkII」と「EOS 80D」の体験コーナー もはや近づくことさえ難しい、キヤノンの「EOS-1D X MarkII」と「EOS 80D」の体験コーナー
EOS 80D
EOS-1D X MarkII
オリンパスの最新ミラーレス一眼「PEN F」
オリンパスの最新ミラーレス一眼「PEN F」
本体前面のダイヤルでモノクロ撮影や特殊効果撮影などを簡単に切り替えられる
追従AFのAF枠表示が必見なソニー「α6300」 富士フイルム「X-Pro2」。本体前面のレバーでファインダーを電子式/光学式に切り替えられる
追従AFのAF枠表示が必見なソニー「α6300」富士フイルム「X-Pro2」。本体前面のレバーでファインダーを電子式/光学式に切り替えられる

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン