このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第63回

小型のスマホが恋しくなったので4型SIMフリー機「FREAZ POP」を買ってみた

2015年12月20日 17時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ズボンのポッケがパンパンなので
4型スマホを買うことにした

 筆者は現在iPhone 6s PlusとZenfone 2の2台持ち(通話専用のPHSもあるので正確には3台)なのだが、どちらもハイスペックなのでディスプレーも5.5型と巨大だ。スマホは必ずズボンのポケットに入れて持ち歩くので、タイトなジーンズなどはパッツンパッツンになってしまう。

 また、5.5型のディスプレーは見やすくていいのだが、たまに昔の片手でグリグリ操作できた時代を思い出してはセンチな気分になってしまうこともある。スペック至上主義者とはいえ、ときにはアンニュイになることもあるのだ。あとズボンのポケットがはち切れそうだし。

日本食ばかり食べてるとたまにフランス料理を食べたくなるような……違うか

名前のとおり、パッケージはコンパクトでポップ

 そんなとき、ふと目に止まったのが9月に発売されたCoviaのSIMフリースマホ「FREAZ POP」。このご時世に4型ディスプレーを採用しているという。スペック至上主義者らしく、スペックシートを眺めてみると、ディスプレーは4型(480×800ドット)、CPUは1.2GHz動作のクアッドコア、1GBメモリーに、8GBの内蔵ストレージ。OSはAndroid 5.1。しかもLTEに対応というじゃないか! これで価格は約1万3000円(税込、Amazon.co.jpにて)。即ポチった。

全体的にプラスチッキーな感じは否めないが、背面パネルはカラバリがあるので好みに合わせて変えて楽しめる

右側に電源キー、左側にボリュームキー。ハードキーはこれだけ

上部にはイヤホンジャックとmicroUSB端子。下部にある空間はストラップホールに見えるが、ここにツメを引っかけて背面パネルを外す

「FREAZ POP CP-L42A」の主なスペック
メーカー Covia
ディスプレー 4型液晶
画面解像度 480×800ドット
サイズ 約62.5×124×10.2㎜
重量 約107g
CPU 1.2GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 1GB
内蔵ストレージ 8GB
外部メモリー microSDHC(最大32GB)
OS Android 5.1
最大通信速度 下り最大150Mbps
LTE対応周波数 2GHz/1.7GHz/800MHz
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
カメラ画素数 リア:500万画素/フロント:30万画素
バッテリー容量 1500mAh(交換可)
赤外線通信 ×
防水/防塵 ×
SIM形状 microSIM

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン