このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト・トゥディ 第161回

ここまで違う!? 日本マイクロソフト 社長室・会長室を覗いてみた!!

2015年09月15日 11時00分更新

文● 大河原克行、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトは、同社新年度が始まる2015年7月1日付けで、社長に平野拓也氏が就任。前社長の樋口泰行氏が会長に就任した。

 それとともに、これまで樋口会長が使っていた社長室を平野社長が使用する一方、樋口会長は従来会議室としていたスペースを改良して、会長室を新設した。ふたりの部屋は、社員が使用するフリーアドレスの机を挟んで向かい合う形で置かれており、少し大きな声を出せば、お互いの部屋の入口から会話ができるという距離にある。

 本来は入ることができない会長室・社長室だが、このほど特別に、樋口会長、平野社長ふたりの許可を得て、部屋を訪れる機会を得たので、その様子をレポートしたい。

荷物はわずか引き出しひとつ分!
デジタル化を徹底、ペーパレス化推進の平野社長

 平野社長の社長室は、樋口会長が使っていた部屋をそのまま譲り受けたものだ。

 窓からは、JRの線路が見えて眺めもいい。

社長室の入口に立つ平野拓也社長

 ところが部屋に入って驚いたのは、まったくといっていいほど書類がないことだ。まだ移動してからすぐということもあり、そのせいかとも思ったが、平野社長は「これで全部」だという。

平野社長の部屋の様子。棚にはほとんどものがない

 もともと紙を使わないタイプのようで、社長室に移動する際に持ってきたものは、ダンボール1箱だけ。しかも、半分埋まるかどうかという量だったという。

 そこで、僭越ながら机の引き出しの中も拝見させていただいた。すると、持ち物が入っている引き出しはわずかひとつだけ。ほかの引き出しは空っぽのままだ。唯一使っている引き出しの中も、名刺やはちみつキャンディーなどが入っており、やはり半分程度埋まっているだけ。「これ以上、増えることにはならないだろう」と平野社長は笑う。

平野社長の持ち物は引き出し1個分だけだという

 「味気なくてすみません」と、逆に謝られてしまう始末だった。

 ただ、棚に何もないのはあまりにも寂しい。樋口会長が使っていたときには、日本マイクロソフトが世界ナンバーワン子会社の表彰を受け、トロフィーを授与されたときの写真など、いくつかの写真が飾られていた。

 「実は、写真立てを置こうと思っていたのだけど、タイミングを逸してしまって、そのままになっている」と平野社長。「入社5年ごとにもらえるトロフィーでも飾ろうかな」と、棚を埋めるためのプランを明かす。だが、この調子ではあまり部屋の中は賑やかにはならないだろう。

 日本マイクロソフト社内では、ペーパーレス化が進んでおり、その中でも平野社長のペーパーレス化はダントツだろう。「東欧を担当しているときに、徹底的にペーパーレス化に取り組んだ。その仕事の仕方が身に付いている」と語る。

 実は部屋を見渡して気づいたのだが、プリンターも設置していない。これはペーパーレス化の重要な要素なのかもしれない。

 「もちろん、お客様のところにお邪魔するときにはペーパーの資料を用意するが、自分でペーパーを使うことはない」という。

 机の上には、Windows 10を搭載した「Surface Pro 3」を置いているものの、広い机の上には不釣り合いな感じもする。だが、これが平野社長の仕事スタイルのようである。

使っているPCは「Surface Pro 3」。もちろん、Windows 10である

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン