このページの本文へ

IFA 2015レポート 第24回

60点以上の写真で見る、欧州の家庭を彩る洗濯機やキッチン家電はこれだ!

2015年09月15日 09時00分更新

文● 大河原克行 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

海外業務提携で、これまでとは異色となったシャープ

 シャープは、白物家電と、AV機器の2つのブースに分けて展示していたが、これまでの展示とは大きく異なる背景がある。

 というのも、今回の展示は、2014年9月に、シャープは、欧州における白物家電事業をトルコのVestel Elektronik Sanayi ve Ticaret A.Ş.の販売会社であるVESTEL TİCARET A.Şに販売移管。また、AV機器については、スロバキアのUniversal Media Corporation /Slovakia/s.r.o(UMC)と業務提携。それぞれにシャープブランドの製品およびブランドを供与して、欧州で販売する形になっているからだ。つまり、白物家電とAV機器に分かれたブースは、異なる企業が展開しているものであり、さらに日本のシャープ本社はまったく展示には関わっていないというものなのだ。シャープブースでは、白物家電においては、洗濯機、冷蔵庫、食洗器、電子レンジを展示。AV機器では、AQUOSブランドの液晶テレビのほか、オーディオ機器なども展示してみせた。

シャープの白物家電ブース

 

キッチンにおけるトータル提案を行う

24種類の自動調理プログラムを搭載した電子レンジ「R-971STW」

ビルトイン型の食洗器「QW-GD65F444I」

「The Big Screen Superstar」と呼ぶ8kg洗濯機

こちらはシャープのAV機器のブース

シャープブランドの55型4Kテレビ

AQUOSブランドのテレビも用意している

オーディオコンポも展示していた

 シャープと提携しているVESTELは、今年もカラーバリエーションでの訴求が注目を集めていた。もはや、定番の展示となってきた様相だ。今年は新たにEVとの連動やスマートホームなどの展示も行っていた。

白物家電製品のカラーバリエーション展示に力を注ぐVESTEL

今年はEVやスマートホームの展示も行った

Windowsを搭載したコマーシャル向け大型ディスプレイを展示

55型の曲面ディスプレイを27枚組み合わせたビデオウォールを展示

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン