このページの本文へ

何が何だかよくわからないだろうが、あのカリーさんが本格キーマカレーを作ったのだ

これがアスキーの本気だ! 自作カレー+isaiで全力飯テロ!

2015年08月21日 15時55分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カメラの知識がほぼゼロの人が
飯テロ写真をうまく撮るための超基本テクを紹介

 ここで本記事および、アスキースマホ総研でもたびたび写真を撮っていただいているカメラマンに「カメラの知識が0の初心者でも可能な飯テロ撮影のコツ」を聞いた。

 まず、1番目は「最初に何の写真なのか決めよう」ということだった。それを聞いた調理中のカリーさんは「えっ、カレーを撮るんじゃないんですか?」と言っていたが、もちろんそういうことではない。

 たとえば「●●日に△△で食べたカレーという記録を残す」のか、「カレーの美味しさをみんなに伝えるため」なのか、目的をハッキリさせるということだ。

 前者であれば料理の全景が必要だが、その場合はカタログ写真的になり、美味しさは伝わりにくくなる。後者であれば全景は必要ない。また基本的にフレーム内には写真の目的外の余計なものは必要ない。思い切ってアップで撮ってみよう。もし記録としての写真も欲しいのであれば、飯テロ写真とは別に撮影すればいいだけなのだ。

やや極端な例だが、これでは学校給食か病院食の記録写真だろう

思い切って被写体の料理に接近。周囲の余計なモノがフレームに入ってこないだけで印象も大きく異なる

 2つ目は「フレームの斜め45度から光が入ることを意識しよう」というもの。これで料理に光が入り込み、”美味しそう”な感じがグッとアップする。また、真上や真正面から光が来ているときは、カメラの方を45度傾ければいい。

写真は常に水平に撮らないといけないというものでもない。うまく光を被写体に入れよう

 3つ目は「グリッド線(補助線)を表示する」だ。グリッド線はカメラを水平に保つのにも便利だが、線の交点に写真の中心になるものを置くだけで、なんとなく“上手っぽい”写真になるのだ。これは飯テロ写真においても同じだ。

グリッド線または補助線を表示する。交点付近にその写真で重要な要素を持ってくるだけで随分違ってくる

グリッド線や補助線の表示には大抵のスマホで可能だ。iPhoneの場合は、[設定]→[写真とカメラ]で[グリッド]をオンにする:

【ニシマキの野菜ゴロゴロカレーの作り方】
ドロイドさんの出身地を確認の上で具材決定(4人前)

カレールウ:半分(普通の市販品)
牛肉:350g(カレー用のブロック肉)
タマネギ:大1個
ニンジン:大1本
ジャガイモ:小2個
ウインナー:数本

 ニシマキはごくごく一般的な家庭カレーで勝負をかけた。いわゆる野菜ゴロゴロ系である。調理手順も基本的にはマニュアルどおりで、ここでは割愛。独自の要素としては、タマネギをみじん切りと厚めに切る、2種類を用意。味わいと食感の二重で楽しめるようにした。

家庭でよくある野菜ゴロゴロ系のカレーを市販のルーで作ろうとしているニシマキ

 家庭カレーは具材、調理方法も自由で、家ごとに異なるスタイルがあると思われるが、ニシマキは審査員であるドロイドさんのプロファイルを調査。関西出身なので「家庭カレーは牛肉派」と推測。さらにマニュアルの分量(250g)より多めにするという工夫も加えた。

工夫は2種類の切り方をしたタマネギを用意した点。また、ドロイドさんの好みを予想し、牛ブロック肉を多めに用意

あとはほぼマニュアルどおりの内容で問題なくカレーが完成。手慣れたものだ

【スピーディー末岡のレトルトカレーの作り方!?】
500円の高級品! スピーディーにレンジでチン

 料理はできないし、したこともないというスピーディー末岡は、料理対決だというのに、悠然とレトルトカレーを持参。ただし、手にしているのは、定価540円(1人前)というプレミアムな「The ボンカレー」だ(関連記事)。もっとも通常の製品より高価なだけに、その味は非常に気になるところ。

2人がカレーを作っている間、「忙しーわー」を連呼して仕事をしていたスピーディーさん。2人の調理が佳境に入ったと知るや、やにわに立ち上がり電子レンジの前に

 ちなみにボンカレーシリーズの多くはアルミ包装ではなく、電子レンジでの直接の加熱に対応する(一般的なレトルトカレーは食器に出してからレンジに入れる)。湯煎も可能なのだが、速度にこだわる男、スピーディー末岡としては、もちろん電子レンジで2分でチンで決まりである。

そのまま電子レンジで加熱が可能だが、中身が膨張するため、パックの上部を上に向けて電子レンジに入れる必要がある(そうすると膨張しても空気が抜ける)。あとは食器に入れるだけ。スピーディーだ

ちなみにその頃、審査員のドロイドさんはみずから米を炊いていた。カレー用にやや固めにした


(次ページでは、「完成したカレーで飯テロしまくりデス!」)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン