このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」 第42回

デスクトップ+モバイルではSafariがIEを超えた!

ついに日本でもIEが過半数割れに、世界はすでにChromeが寡占

2015年06月29日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

IEはようやく新バージョン移行が進む

 ここからはブラウザーのバージョンごとのシェアを見ていこう。Net Applicationsによる2015年5月のデスクトップPCブラウザーシェアは、1位がIE 11.0で26.08%。続いてIE 8.0の14.79%、Chrome 42.0の10.11%、IE 9.0の7.53%、Chrome 43.0の6.65%、IE 10.0の5.25%、Firefox 37の4.64%、Firefox 38の4.55%、Safari 38の2.68%などと続いている。

 なお、シェアを推定するにあたり、StatCounterは同じサイトへの総アクセス数を、Net Applicationsはユニークビジター数をそれぞれ用いている。計測方法が異なるため、合計した数値が異なる点に注意してほしい。

主なバージョンごとのブラウザーシェア(デスクトップPC/2015年5月)
シェア
IE 11.0 26.08%
IE 8.0 14.79%
Chrome 42.0 10.11%
IE 9.0 7.53%
Chrome 43.0 6.65%
IE 10.0 5.25%
Firefox 37 4.64%
Firefox 38 4.55%
Safari 38 2.68%
Chrome 36.0 2.27%
Chrome 31.0 1.52%

Net Applications調べ

 前回に比べて、IEは2013年に出た最新バージョンであるIE 11への移行が進み、シェアトップとなっている。2009年に登場したIE 8のシェアも以前高いが、これは未だOSシェアの1.5割を握るWindows XPにIE 8までしか対応していないことなどが影響していそうだ。

 StatCounterによると、IEがシェアトップの国はさらに減少し、日本・韓国等を残すのみ。しかしそれらの国でもIEは下降トレンドにあり、代わりにChromeがシェアを伸ばしている。

 アフリカ各国などでOperaがシェアトップとなっているが、残りのほとんどの国ではChromeがトップとなり、シェアがさらに拡大したことが分かる。今後もこの傾向はさらに進んでいくのか、それともIEが減少に歯止めをかけることができるのか、そしてWindows 10の標準ブラウザー「Microsoft Edge」にも注目だろう。

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。最新刊『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎エデュケーション新書)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』『図解 一目でわかるITプラットフォーム』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ