前へ 1 2 次へ

気兼ねなく外出先に持ち出せるタフモバイル

外で使うたび見えてくる「VAIO Pro 13 | mk2」の魅力

文●鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「VAIO Pro 13 | mk2」。シルバーの受注開始は6月24日から(ブラックは6月3日に発売された)

 VAIO Proシリーズの新機種として、“ライトスリムモバイル”から“タフモバイル”へとリニューアルした「VAIO Pro 13 | mk2」が登場した。その進化ポイントを紹介した前回に続き、今回は“モバイル”らしく実際に外へ持ち出してみて、使いやすいと感じたポイントを紹介しよう。

薄く軽くて強いVAIO Pro 13 | mk2なら、
気兼ねなく外へ持ち出せる

 VAIO Pro 13 | mk2を触ると、薄さや軽さはもちろん、本体の「しなやかさ」が印象に残るはずだ。VAIOが公開しているコチラの動画を見てみてほしい。


 本体やディスプレーを曲げる試験や、高さ90cmからの落下試験など、6つの品質試験のようすが公開されている。試験と同じようにペンを挟みディスプレーを曲げてみたが、特に変化は見られなかった(なお今回はタッチ非対応モデルで試している)。

ペンを挟んでみた。ディスプレーを大きく曲げても、特に表示に問題は出なかった

 強度・堅牢性の高さがウリのVAIO Pro 13 | mk2だが、本体は堅くゴツいものではない。薄く軽いノートPCでありながら、これほどの歪曲に耐えられるしなやかさがある。

 ビジネスで常に持ち運ぶノートPCにおいて、このように堅牢性の高さを保っているのはとても重要ではないだろうか。「このPCは壊れやすいから慎重に持ち運ばないと」と思ってしまうと、持ち運ぶのが億劫になってしまうからだ。

 「多少雑に扱ってもいい」と思えるほどの強度と安心感があれば、気兼ねなく外へ持ち出せる。VAIO Pro 13 | mk2のように薄く軽いノートPCならば、より気軽に持ち運びできるのではないだろうか。

アダプターも小型で持ち運びやすい


(次ページ、「ディスプレーの明るさは史上最高!?」)

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月