前へ 1 2 3 次へ

ウスカルさ変えず、ビジネスに必要な“タフ”を加えた

VAIO Proのあるべき姿-「VAIO Pro 13 | mk2」の進化点

文●鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2014年7月のVAIO設立後、第一弾の機種となった「VAIO Pro 13」が「VAIO Pro 13 | mk2」としてリニューアルした。

 もちろん、最新CPUを搭載するといったマイナーチェンジだけではない。VAIO Proユーザーの意見をもとに機能やデザイン、素材などを見直し、現行モデルよりもハードとしての実用性を高めているのだ。

「VAIO Pro 13 | mk2」

 VAIOは、VAIO Proを「ビジネスプロフェッショナルの、最高のアウトプットのため」の製品であると位置付けている。持ち歩きやすさを重視した現行機種は“ライトスリムモバイル”と表現していたのに対し、今回のVAIO Pro 13 | mk2は、“タフモバイル”と表現している。これは、堅牢性、拡張性、薄さと軽さ、長時間バッテリー……など、ビジネス向けノートに求められる要素をしっかりと備えたことに起因する。

 6月11日の発売が待たれる(シルバーモデルの発売は7月2日とさらに先になる)本製品をいち早く試すことができた。まずは、その特徴をチェックしていく。

「VAIO Pro 13 | mk2」個人向け標準仕様の主なスペック
型番VJP1329GCJ1BVJP1329SCH1S
カラーブラックシルバー
CPUCore i5-5200U(2.2GHz)Core i3-5005U(2.0GHz)
メモリー4GB
ストレージ約128GB SSD(SATA接続)
グラフィックスインテル HD グラフィックス 5500(CPU内蔵)
ディスプレー13.3型フルHD(1920×1080ドット)
タッチパネル搭載/なし
光学式ドライブ
インターフェースUSB 3.0端子×2(1ポートは給電機能付き)、HDMI端子、有線LAN端子、VGA端子、SDメモリーカードスロット、Bluetooth 4.0
無線LANIEEE 802.11a/b/g/n/ac
セキュリティーチップあり/なし
カメラ"Exmor R for PC" CMOS センサー搭載HDウェブカメラ(92万画素)
バッテリー駆動時間およそ9.4~10.4時間(JEITA 2.0、Windows 8.1選択時)
本体サイズおよそ幅322×奥行217.1×高さ13.2~17.9mm(タッチパネルなしの場合)
重量およそ1.03kg(タッチパネルなしの場合)
OSWindows 8.1 Update(64bit)
OfficeOffice Home and Business 2013なし
想定実売価格15万6384円11万8584円

(次ページ、「素材は軽く、六角形構造で強度を高める」)

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月